第23回JR大阪環状線一周ウオーク

CIMG0939_convert_20170109144620.jpg
1月8日 8時過ぎ大阪梅田スカイビルに到着 受付で参加費1000円を支払い 8時半頃スタートします。
ちょっとお天気が心配ですが 環状線を一周27キロを元気に歩き始めます。





CIMG0942_convert_20170109144647.jpg
本日は 昨年何度か試したトレッキングシューズでは 痛みが心配なので1990円の履き慣れた運動靴で歩きます。雨が靴に染み込んでくると 肉刺が心配ですが まあ 天気予報では大丈夫かな?って思って履いてきました。






CIMG0943_convert_20170109144710.jpg
スタートしてすぐに 雨が降ってきました。
全員レインコートや 傘を差しながらのウオークとなります。
今年は環状線を外回りの方向ですね。




CIMG0945_convert_20170109144733.jpg
安治川の下に降りるエレベーターに乗って 向こう岸に渡ります。
後ろから近笑会の方から お声がかかりました。
来月の100キロウオーク 宜しくお願いしますと 幸せの完歩リボンをお渡ししました。







CIMG0949_convert_20170109144756.jpg
続いて なみはやドームを通過します。






CIMG0950_convert_20170109144820.jpg
大正駅を通過します。
雨が降り止みませんね。






CIMG0953_convert_20170109144842.jpg
通天閣がみえました。
ここで なにか食べようかとも思いましたが 雨で全身濡れてて お店に入り辛かったので 我慢して 前に進みます。






CIMG0956_convert_20170109144907.jpg
あべのハルカスが見えます。 まだ237は登ったことがありませんが 一度は行ってみたいですね。
雨が降ってなければ ちょっと外れて 遊びに行きたかったですね。






CIMG0957_convert_20170109144930.jpg
お昼頃 チェックポイントの四天王寺に到着






CIMG0959_convert_20170109144956.jpg
ここできつねうどんを頂きました。
気温が下がってきて 身体も冷えてきましたので 温かいおうどんは 美味しかったですね。






CIMG0961_convert_20170109145020.jpg
後半は 雨も酷くなってきて カメラが使えません。
雨の行橋・別府で壊しましたので 大事に仕舞い込みましたので 映せませんでした。13時30分頃 ゴールの梅田スカイビルが見えてきました。






CIMG0966_convert_20170109145043.jpg
雨に打たれて 全身びしょ濡れになりましたが なんとか元気にゴールできました。
総距離27キロM 時間5時間10分 平均速度5.22キロ/Hでした。

今回履いた運動靴でも 足の裏がやっぱり痛くなりましたが トレッキングシューズよりも履き心地が良かったかな?って感じました。レインコートのズボンは用意してこなかったので下半身はずぶ濡れ 必需品ですね。手袋は2枚用意しましたので助かりました。
 来る ふくやま夜間50キロ歩行 近笑会 姫路から大阪城公園100キロウオークでは このシューズにもう一枚中敷きを入れて靴下は重ね履き レインのズボン 手袋2枚を用意して 歩くことに決定します。




それにしても とても寒く 小雨が降る中 何時間もウオーカーさんの為に 各交叉点や曲がり角で 小旗をもって安全に誘導してくださったスタッフの方々 実行委員会の皆さま 大変お世話になりありがとうございました。
あんなに寒く 雨の中 じっとウオーカーが安全に通り過ぎるのを誘導するなんて 237にはとても無理です。有り難かったですね。


新春自主トレ ウオーキング・ハイキング

今年からは より積極的に長距離ウオーク 低山ハイキングとスキルアップを考えていますが 2月に迫った ふくやま夜間50キロ歩行 近笑会100キロウオークを無事歩けます様 六甲山で自主トレーニングをすることに致しました。



CIMG0838_convert_20170101221602.jpg
1月1日 午前2時前 神鉄鈴蘭台駅に到着(標高200M)
本日元旦のスタート地点です。気温は摂氏1度 931Mある六甲山頂付近は天気予報でー6度になるようです。真夜中 真っ暗な六甲ドライブウエイを一人登って行きますので 少し緊張しますが 安全に参りましょう。






CIMG0841_convert_20170101221637.jpg
事前に2度下見しましたが アスファルト舗装の西六甲ドライブウエイを歩きます。 灯りは最初だけですので すぐに辺りは真っ暗となります。
時々走ってきます乗用車のヘッドライトと237のヘッドランプしか 灯りはありませんので ちょっと怖い感じもしますが 頑張って上がっていきます。







CIMG0847_convert_20170101221703.jpg
歩き始めて約1時間 午前3時頃 森林植物園を通過します。(標高445M)







CIMG0851_convert_20170101224504.jpg
黙々と六甲山頂上に向けて 登坂を歩いてますと 上のほうから ライトの明かりが1つ下ってくるのがみえました。最初は なにか分からず 身構えましたがすれ違い様「こんばんわ」っとご挨拶をいただきました。
誰にも会わず 真夜中孤独な歩行をしてましたので 嬉しかったですね。こんな真夜中 他にも六甲山ドライブウエイを歩くハイカーさんがおられたのですね。
ちょっと幽霊のことも脳裏に浮かんでましたので とても勇気と元気をいただき 「おめでとうございます」と挨拶を交わしました。







CIMG0852_convert_20170101224534.jpg
標高722Mの六甲山牧場付近を通過します。
何時頃だったか覚えていませんが 気温は上に行くほど 吐く息は白くなって来て どんどん下がってきます。ヒートテックのシャツ2枚重ね ヒートテックズボン下を着ていたのは正解ですね。
2月のふくやま50キロでは 気温の低さが気になってますが 六甲山の気温を体現することで 着衣の準備は整えておきたいですね。





CIMG0861_convert_20170101224615.jpg
有馬街道の小部峠から11キロ登ってきたようです。





CIMG0862_convert_20170101224643.jpg
この交差点を南に下がると 南六甲ドライブウエイとなって 阪急六甲駅に行き着きます。
展望台へは このまま真っすぐ 行きます。
寒かったですが さすがに喉も乾いて来てましたので 自販機でホットドリンクを買い 水分補給をします。
この頃には 明け方の初日の出を見ようと たくさんの自動車が上がって行きます。4時半頃だったでしょうか





CIMG0868_convert_20170101224722.jpg
若者の自動車が勢いよく追い越していきますので 事故に遭わないよう 路肩 歩道を確認しながら行きます。







CIMG0872_convert_20170101231015.jpg
今回目指している 六甲山山頂展望台(標高880Mまで あと3キロでしょうか?
時間は午前5時30分となっています。





CIMG0873_convert_20170101231041.jpg
高山植物園865M 通過





CIMG0879_convert_20170101231107.jpg
明け方午前6時 予定してました 六甲山頂展望台(六甲ガーデンテラス)に到着いたしました。







CIMG0886_convert_20170101231134.jpg
展望台から見る 夜景は さすが最高ですね。
大阪方面の眺望です。100万ドルの夜景ですね。







CIMG0918_convert_20170101234215.jpg
午前7時展望台から見るご来光。
家族・親戚。友人知人・歩友・ブロ友さんが 今年も幸せな一年となりますよう願いました。






CIMG0926_convert_20170101234240.jpg
初日の出を堪能して 7時半ごろ 次は裏六甲ドライブウエイを使って 有馬温泉に向かいます。






CIMG0927_convert_20170101234301.jpg
気温が低いので いっぱい着込んで歩く おじさんですね? あはっ








CIMG0934_convert_20170101234327.jpg
運動靴を使わず トレッキングシューズを履いてましたからでしょうか? 肉刺などは出来てませんが やはりちょっと足の裏が痛くなってきて スピードが出ませんでしたが 10時半頃 有馬温泉有馬グランドホテルに到着。
ここで 疲れを癒し 立ち寄り湯 食事をいただきます。





CIMG0931_convert_20170101235456.jpg
有馬グランドホテル 休日日帰りプランの4150円金券を購入
温泉湯でゆっくりお湯に浸かって 心身ともリフレッシュしてから レストランロビーでコーラを注文します。金券チケットにて支払います。






CIMG0933_convert_20170101235521.jpg
そhして お昼は お寿司を美味しくいただきました。


お正月早々 深夜の六甲山ハイキングを約30キロ程 踏破しましたが 思ってた以上に順調に歩行ができましたし ご来光を望み 温泉を堪能でき とても幸せな一年のスタートを切ることができました。
今年も 一年 皆さま お世話になりますが どうぞ宜しくお願い申し上げます。











2016年歩き納めのハイキング・ウオーキング

12月23日金曜日は 能勢電鉄チャレンジハイキング(五月山稜線から六個山・鉢伏山22キロコース)( 参加費無料 事前予約不要) を歩いて参りました。
本格的な山歩きで 中級向きとなっていましたので 今までのような平地ウオーキングと違い 元気に最後まで歩けるのかな? ちょっと心配でしたが お陰様で最初から最後まで 平地のウオーキングでは味わえない負荷を感じながら 楽しい1日を過ごして来ました。


CIMG0741_convert_20161224140801.jpg
能勢電鉄絹延橋駅に9時頃到着 係りの方より 昨日の雨で 山の斜面は大変滑りやすくなっているので 腰を屈めたりしながら 充分気を付けて歩いてくださいと説明を受けて 9時半頃一斉にスタートします。600~700人ほどおられたでしょうか?





CIMG0736_convert_20161224140836.jpg
237は これからのハイキングを楽しむ為買ったばかりの トレッキングシューズを履いての参加です。





CIMG0744_convert_20161224140908.jpg
他のハイカーさんをみても ほとんどトレッキングシューズを履かれていて 運動靴での参加者は さすがに 見掛けないように感じました。
スタート早々 年配のハイカーさんが 路上に倒れておられて 救急車に運ばれて行くというアクシデントが発生 無事快復されたのでしょうか?心配になりました。

山に入ると 自然道は モミジの絨毯になっていたり




CIMG0747_convert_20161224140946.jpg
どんぐりの葉っぱでしょうか? 落ち葉で敷き詰められた 自然歩道をウキウキしながら進みます。



 


CIMG0750_convert_20161224141025.jpg
すると スタート10分ほどで 3歩歩いたら止まり 5歩歩いたら休憩と 大渋滞となってしまいました。
なんでかなあ?って 思ってましたら






CIMG0753_convert_20161224155157.jpg
ようやく分かりました。
ここからは 一人ずつしか登っていけないような道となっていたのですね。急な斜面の道は 前日の雨で濡れてますし そのうえには 落ち葉が敷き詰められてますので 滑って なかなかうまく進みません。






CIMG0755_convert_20161224155244.jpg
237も ちょっと気を抜くと滑ってしまいそうになりましたし 谷側は滑ると いっぺんに下迄滑って行きそうで みなさん慎重にならざるを得なかったですね。
ノルディックポールを持ってない237は 慌てて 落ちている枝棒を1本拾って 安全に登るように致しました。






CIMG0764_convert_20161224155322.jpg
登り始めて1時間20分  千代山の日の丸展望台(標高約300M)から望む 絶景でした。
しかし スタート地点からは まだ4キロ地点なのに もう11時15分過ぎ 実に1時間45分も 掛かっていたようです。






CIMG0766_convert_20161224192044.jpg
滑って転ばないよう 山道を慎重に降りていきますと




CIMG0767_convert_20161224161141.jpg
小さな綺麗な小川が流れています。
前日の雨で水量が上がって 渡るのが危ないようで スタッフさんでしょうか?ベテランハイカーさんでしょうか? 一人ひとり手をとって 安全に向こう岸に渡れるよう 補助をしてくださいました。
ほんとうに ありがとうございました。





CIMG0774_convert_20161224192213.jpg
更に 自然道を登ったり降りたりしながら 歩いていますと 





CIMG0776_convert_20161224192242.jpg
五月山方面に向かう箕面自然道の標識がありました。





 CIMG0779_convert_20161224193503.jpg
進んで行きますと 大きな木立の隙間の道を行くことになります。
なかなか ツーデーでは味わえない道ですので とてもテンションも上がります。結構キツい道のりを 登ったり下ったり 足の筋肉も相当使いましたが 気温も低く 空気も美味しいため この疲れは とても気持ち良くて 元気に歩けています。






CIMG0782_convert_20161224193530.jpg
10.5キロ地点の ようらく台園地(標高約450M)を抜けます。貰った地図では お昼ポイントですが 給水をして 先を行くことに致しました。
あと半分ですね。時間はスタートから3時間ほど 12時40分頃です。






CIMG0784_convert_20161224193601.jpg
ここから自然道を下りて行きますが 前のハイカーさんをみると 気が付きました。
わたしと同じように 枝切れを拾って 結構多くのハイカーさんがポール代わりにされて 安全に気を付けられて歩かれています。
やはり これくらいの自然道を安全に上り下りするには  ノルディックポールは買っておいたほうがいいのでしょうかね?







CIMG0788_convert_20161224193629.jpg
一般車道に降りてきて しばらくの間アスファルト道を登ったり 降りたりします。
来年 年初め六甲山ドライブウエイを自主トレする予定だったので 靴の調子を試しながら歩いています。
足の裏が痛くなって来ていて スピードは思ったほど上がりませんでしたが 前の方に遅れないよう頑張って歩きます。






CIMG0792_convert_20161224193705.jpg
13時10分ごろ みのお記念の森(約550M)に到着 通過します。 スタートから約4時間 12キロ地点です。






CIMG0795_convert_20161224200130.jpg
ここからが 大変でした。
身体も疲れてきましたが 急斜面を 大腿部の筋肉疲れと闘いながら ハーハー苦しい息を吐きながら やっと登っていきますと  





CIMG0798_convert_20161224200218.jpg
今度は 下りばっかりの山道を一気に下って行きます。 狭い自然道 急こう配 前のハイカーさんが沢山歩いた跡ですので 道は滑りやすくなっていたり 泥水でズルズルになっていたりで とても神経と 足を踏ん張りながら降りなければなりません。
途中 なかなか休憩するとこもなく 急斜面をひたすら下りますので 足の爪先が靴に当たって痛くなりながら ブレーキを掛けますし 普段使わない筋肉を使いましたので ほんとうに まだか まだか? と考えながら ひたすら降りるしかありませんでした。






CIMG0800_convert_20161224200256.jpg
何人ものハイカーさんが 途中滑って あわや尻餅を着かれそうな 下り道でしたね。
みのお記念の森を出てから 1時間の上り下りをして やっとの思いで 森を脱出 ふもとの道に出ることが出来ました。
更に アスファルト道 最後の登り道を 約1時間進み 





CIMG0808_convert_20161224200337.jpg
15時25分ごろ 全距離22キロのゴールの妙見口駅(標高約200M)に到着しました。
約6時間22キロの山道コースのハイキング 普段使わない筋肉と神経を 想像以上に使いました。
これが 中級コースのハイキングかと とても 満足感を感じ 楽しい時間を頂いた チャレンジハイキングでした。
お世話になりました全ての皆さま ありがとうございました。



あっ そうそう 初めて履いたトレッキングシューズ 中敷きが入れられなかったので ちょっと足の裏が痛くなりましたが 靴擦れや肉刺もできず とても健康なまま 終えることが出来まして 満足しております。




 

トレッキングシューズを買ってみました

ウオーキングを始めた頃 高価なウオーキングシューズを買う為 専門店で足のサイズを計測して頂き 買ったのですが すぐ肉刺が出来たり 重く感じたり 固く感じたりして 合わなかった為 現在は 1990円の運動靴に中敷3枚入れて 100キロウオークなどに挑戦していますが 来年からは より積極的に自然道などを歩行する トレッキングをしようと思ってますので 靴を買いに行きました。




img_0[1]_convert_20161222174646
ネットで トレッキングシューズなどを紹介してるブログなどを参考にして このゴアテックス製で 完全防水  それでいて蒸れにくい!(紐穴部分も完全防水です)が いいかな?って思って DEPOや 他の靴店を見て回りましたが なかったので 本日DEPOにまた 出向いて 何足も 何足も履き具合を試してから ↓の靴を選びました。





alpen-group_7880191816[1]_convert_20161222174720SALOMON(サロモン) 【軽量】【グリップ力】【衝撃吸収】 ■遊歩道 ■カラー: チャコールグレー ■素材: アッパー/速乾メッシュ アウトソール/コンタグリップ ■片足重量(27.0cm): 約354g ■生産国: カンボジア ※ブランドやシリーズによっては甲高や幅等小さめに作られていることがあります。あくまでも目安とお考え下さい。 ※予告なしでパッケージなどのデザインや商品のカラー等が変更になる場合があります。 ※商品画像のカラーにつきましては、ご利用のパソコン等環境によって実物と多少異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。アルペン alpen スポーツデポ/アウトドア/トレッキング/トレッキングシューズ/ユニセックス

トレッキングシューズは それぞれいい面も そうでない面もありますね。
よく 低山を登られる店員さんに相談しました。
この靴は 結構サイズに余裕があって 現在のシューズサイズを少し下げて丁度よい履き心地だと言われ 本当に1番いい感じの履き心地がしました。
防水性が完全防水ではない点が ちょっと気掛かりでしたが 雨水からシューズを守るビニールカバーもありますし 基本雨の日は歩かない237なら まっ いいかなあ?って思いました。(税込み11340円)

来年 初旬の六甲山自主トレ30キロ 2月のふくやま夜間50キロなど でも使用して 具合を確かめてみようと思っております。
来年からの 自然道を歩くハイキングなどでも これでもっと楽しめたら嬉しいですね。






第23回 姫路城から大阪城まで100キロウオークの準備 その2

先日の19日に ため池手すりを利用して 応援のぼり旗を立て掛けたいと東播磨県民局に連絡をしましたが 池の管理は 明石市の管財課であることが分かりましたので さっそく市の管財課に連絡 説明をしてみました。

現在 ため池ミュージアムの横断幕を貼っているのは このミュージアムイベントが県や市などと連携した活動なので 許可をしているとのことでした。
手すりを利用するには イベントなどが 県や市などと活動を共にしていることと 利益目当てではない公の活動であるため 個人であったり 利益目的だったり 主催する団体が県や市と協力してるイベントでないと お貸しできないとのことでした。



譚ア謦ュ逎ィ逵梧ー大ア€_002_convert_20161220193228




ウオーキング大会は 利益目的でもないし 国民の健康増進などに寄与するイベントですが?って 問いましたが 私のような個人からの依頼を認めてますと どんどん依頼が増えて 収拾がつかなくなる旨 返答いただきました。

とても残念ですね。

現在 池のフェンスには ポスターであったり 労働組合の立看などが 散見されますが?って訊くと それは掌握していないし あれば撤去依頼をしますとのことでした。

「撤去依頼だけ」で終わるとのことでしたので なんだ 申請しないで利用しても 撤去依頼だけで終わるのか? 正直に尋ねるのではなかったかな?って思いましたが 主催の近笑会にご迷惑をお掛けする訳にはまいりませんので 絶好の応援ロケーションでしたが 諦めるしかありませんでした。





CIMG3617_convert_20140210102143[1]_convert_20161220193157


また いいロケ先が見付かりましたら また チャレンジしてみましょう。



第23回 姫路城から大阪城まで100キロウオークの準備 その1

来年行われる第23回 姫路城から大阪城まで100キロウオークの準備をしてみました。
第22回迄は 沿道から応援のぼり旗を何本も立てて 先頭から最後尾の方が通り過ぎるまで応援を行っておりました。

CIMG3617_convert_20140210102143[1]_convert_20161220193157
来年は 制限時間が1時間緩和されましたので 237も歩く予定となりましたので いつも声援してる ため池を囲んでいるフェンスを利用して 2日間のぼり旗を立てたいと考えております。
ため池のフェンスには 現在東播磨県民局の横断幕が張られてましたので フェンス利用許可申請をする事に致しました。




譚ア謦ュ逎ィ逵梧ー大ア€_002_convert_20161220193228
当日2日間 無人で立て掛けますので クレームが来ないようにしたいですね。
以下は 県民局に問い合わせた 内容です。
果たして どのようなご返答を頂けますか 無事 許可をして頂けましたら 嬉しいですね








お世話になります。
問い合わせ先が 違っていましたら 教えてください。

来年2月に 明姫幹線道路の歩道を歩いて 姫路城から大阪城まで100キロ完歩を目指すウオーキング大会がございます。

わたしは ここ数年 江井が島中学前の沿道歩道から ウオーカーさんに声援をしてましたが このたび 沿道の ため池欄干に 貴東播磨県民局横断幕がありましたので 欄干使用の申請をしてみようと思っております。

昨年までは私自身が歩道脇におり声援を送ってましたので のぼり旗を立てる申請はしてませんでしたが 来年は私も  姫路から大阪迄歩きますので のぼり旗 は 欄干に立てかけて 約2日間無人となりますので申請しようと思っております。(添付写真あり)

どのような申請手続きをすれば 宜しいのでしょうか?お教え頂けますでしょうか?
宜しくお願い致します。






ウオーキングの自主トレ計画を立ててみました

来年は2月より本格的な長距離ウオーク(ふくやま夜間50キロ 近笑会100キロ)を初め より積極的に各地の長距離ウオークやトレッキングを楽しみたいと考えておりますので 足腰を鍛える為 自主トレをしていくことに致しました。
兵庫県内で 共にハイキングやトレッキングを楽しむサークルに入るのもありかな?って探しましたが 今の処 適当なところが見当たりませんでしたので 当面は 自主トレをしながら探して行くことになりますね。




来年 年初めの自主トレは 神戸電鉄鈴蘭台駅から六甲山頂ケーブル駅迄登り ターンして 有馬街道まで下りて 有馬温泉迄歩きます。
有馬温泉で 立ち寄り湯に入り 食事後 神鉄に乗って帰ってくる約30キロの行程です。

第1回は神鉄鈴蘭台駅(標高293M)をAM2時頃出発~午前7時六甲ケーブル山頂駅(875M)~Uターン~丁字ケ辻(762M)~有馬街道~有馬温泉到着(標高357M)を歩きますが 冬山の深夜時間ですので 危険な自然道などは使わず 今回はアスファルト舗装道を使って 上り下りの練習をする約30キロです。(上の地図は自然道を歩く時に作られた地図ですので 今回の歩く道や距離とは違っています)





DSC_0037_convert_20161216155116_convert_20161216211821.jpg
先日 下見で六甲山頂迄 車で上がりましたので 頂上付近から写真を撮ってみました。
遠くに見えるのが 六甲アイランドでしょうか? 



当日は 雪や雨の日は避けて お天気の良い日で たっぷり汗をかき 練習して来ようと思っております。



















北摂里山ウオークに行って参りました

12月10日 土曜日は 兵庫県能勢電鉄沿いにある自然を堪能するため 北摂里山ウオークに行って来ました。
距離は14キロ スタートが能勢電鉄 日生中央駅 ゴールは光風台駅近くの 白樺公園迄の14キロです。
参加費 無料 里山の自然道や 知明湖周辺を歩く 気持ちよい時間でした。

驥悟アア繧ヲ繧ェ繝シ繧ッ_002_convert_20161211164113
午前9時前 能勢電鉄日生中央駅に到着。
既に 多くのウオーカーさんが並んでおられました。





驥悟アア繧ヲ繧ェ繝シ繧ッ_003_convert_20161211164155
9時 説明をお聞きした後 一斉にスタート 見上げますと綺麗な虹がかかっています。







驥悟アア繧ヲ繧ェ繝シ繧ッ_004_convert_20161211164234
直後 雨なのか みぞれなのか降ってきました。 気温も低く 寒いですが 元気に歩きます。








驥悟アア繧ヲ繧ェ繝シ繧ッ_005_convert_20161211164433
次第に坂道となって 山に入っていきます。









驥悟アア繧ヲ繧ェ繝シ繧ッ_006_convert_20161211164506
どんどん 急斜面を登っていきます。どれくらい登ればいいのか知らないので 無理をせず前の方に合わせて 一定のスピードを守りながら上がって行きますと







驥悟アア繧ヲ繧ェ繝シ繧ッ_007_convert_20161211182040
やっと 雨森山頂上のに到着 標高383Mあったのでしょうか? 気温は低いですが 汗をかきましたので ここで上着は2枚だけにします。








驥悟アア繧ヲ繧ェ繝シ繧ッ_008_convert_20161211182119
もう少し 澄んでいたら 遠くまで見ることが出来たのでしょうね。








驥悟アア繧ヲ繧ェ繝シ繧ッ_009_convert_20161211183605
休憩もそこそこに 山を下っていきますが 落ち葉の裏側には 石ころがごろごろしてて 気をつけないと滑ったりしますので ちょっと危険ですね。
足をハの字にしてブレーキを掛けたり 横向きに歩いて 滑らないよう注意しながら下りて行きます。









驥悟アア繧ヲ繧ェ繝シ繧ッ_010_convert_20161211183645
山を降りますと 今度は新龍化トンネルを抜けます。
名前が気になりますね? 







驥悟アア繧ヲ繧ェ繝シ繧ッ_011_convert_20161211183715
続いて 龍化吊り橋を渡ります。けっこう揺れてましたね。









驥悟アア繧ヲ繧ェ繝シ繧ッ_012_convert_20161211183745
右に知明湖を見ながら 中間地点を元気に進みます。
気温は低かったですが 身体はぽかぽかしてて 気持ちよいウオーキングです。








驥悟アア繧ヲ繧ェ繝シ繧ッ_013_convert_20161211183822
すると 今度は360階段が出現 この階段はキツいかな?って覚悟して登り始めましたが 階段の幅がお城の中の石段のように一気に登れないよう作ってなくて  一定の幅で作られてましたので 登りやすく  筋肉に乳酸が溜まってきましたが一気に登ることが出来ました。









驥悟アア繧ヲ繧ェ繝シ繧ッ_014_convert_20161211190523
石段を登りきると チェックポイントに到着 ここで けっこう昼食を食べるウオーカーさんがおられましたね。







驥悟アア繧ヲ繧ェ繝シ繧ッ_015_convert_20161211190555
237は 朝自宅で朝食 途中のPで うどんを食べてきましたので しらかば公園を 進むことに致しました。








驥悟アア繧ヲ繧ェ繝シ繧ッ_017_convert_20161211190652
落ち葉を踏みしめながら 滑らないよう 下りて行きます。








驥悟アア繧ヲ繧ェ繝シ繧ッ_018_convert_20161211190721
237が一番好きな 自然道を歩きます。
道に迷わないよう 矢張りを見落とさないよう 落ち葉に足を捕られないよう注意しながら 楽しんでいますと







驥悟アア繧ヲ繧ェ繝シ繧ッ_019_convert_20161211190755
あっという間に 12時10分頃 ゴールとなってしまいました。 まだ もう少し山を楽しみたいなって感じがしましたが  近くの光風台駅まで歩いて 日生中央駅まで帰って 自家用車で帰ってまいりました。
9時10分頃スタート ゴール12時10分頃 総距離14キロ 平均速度4.66キロ/Hの楽しい時間となりました。

12月は なかなか近場で ウオーキングの大会も知りませんので このようなイベントでしっかり 足腰を鍛えながら 来年に備えたいですね。
お世話になりました皆さま ありがとうございました。






第13回近笑会100キロウオークにエントリーしました

CIMG1474[1]_convert_20161206142610
今迄の近笑会100キロウオークは24時間制限で 24時間以内で歩ける方と参加規程にあった為 まだ実績のない237はちょっと無理かな?って 遠慮していました。  










CIMG3617_convert_20140210102143[1]
第12回近笑会 姫路~大阪の100キロウオーク迄は 沿道から頑張るウオーカーさんを応援しようと ぴーすくんや くうちゃん連れて 声援を送っていました。

しかし 今回 第13回からは制限時間が25時間に緩和されましたので やっと エントリーすることに決めました。










81yhp83o83i815b81z50km204390d8[1]
この1週間前には 広島県福山市で 夜間50キロ歩行があり 237も参加しますので 連続の参加はちょっとしんどいかな?ってとても心配ですが なんとか 頑張って 2週連続の完歩を目指そうと思っております。







その為には これから2ヶ月間の夜間練習も 寒さ対策をしっかりしながらの練習になりますね。 
ふくやま夜間50キロは 積雪や路面凍結の中歩くことが予想されますので 防寒対策と 凍った路面にも適した歩行靴を履き 決して筋肉痛や 肉刺など出来ないようにして ゴールしなければなりません。

困難も多い挑戦となるでしょうが それだけに遣り甲斐も増してきます。参加される方々がおられましたら どうぞお世話になりますが よろしくお願い申し上げます。









第43回ふくやま50キロ夜間歩行に申し込みしました

先週の室戸貫歩90キロを怪我もせず 肉刺も出来ずに 無事完歩出来ましたので 次の大会予約をしてみました。




81yhp83o83i815b81z50km204390d8[1]



237は 夜中 徹夜で奮闘する長距離ウオークが大好きで リュックにはたくさんのLEDライトを点滅させながら 楽しんでおります。
 今回 次の長距離大会を探していましたが 歩友さんより ちょうど もってこいの大会を教えて頂きましたので 申し込みいたしました。


ふくやま50キロ夜間歩行のHPでは 満天の星空を見ながら楽しめるウオークのようですし 場合によれば雪景色の中を歩けるかもしれませんね。 いづれにしても 普段では味わえないような楽しい時間となりそうで 楽しみにしております。

この ふくやま50キロ夜間歩行の1週間後には 近笑会主催 姫路城から大阪城公園迄の100キロウオークが開催されます。 
今年は初めて24時間から25時間制限へと緩和され 237も是非出たいなって期待してましたが 2週連続の長距離は わたしには まだ荷が重いかな? とは思いますので とても悩んでしまいますね

 まずは この50キロを怪我もなく無事に完歩することに専念したしましょう。












参加ブログランキング
にほんブログ村 その他スポーツブログ 100キロウォークへ
 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村ブログランキング参加中 良かったらクリック↑お願いします。
チュンコさん 12歳の時虹の橋を渡る

237ですよ。\(^▽^)/のプロフィール

Author:237ですよ。\(^▽^)/

plugin by F.B

ぴーすくん 7歳

Author:237ですよ。\(^▽^)/

powered by kassyi

くぅちゃん 4歳

237ですよ。\(^▽^)/のプロフィール

Author:237ですよ。\(^▽^)/

plugin by F.B

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
感謝の言葉
FC2カウンター
クリックで救える命がある。
現在の閲覧者数:
通常カウンター
カレンダー(月別)
02 ≪│2017/03│≫ 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事+コメント
星が見える名言集100
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
バロメーター
素敵なとこですよお♪\(^▽^)/
思い出の写真集 マイデジブック思い出の写真集 マイデジブック

サラダ姫と犬きち日記サラダ姫と犬きち日記

幸福さん家の愛犬“フィーバ”と飼い主“おかん”幸福さん家の愛犬“フィーバ”と飼い主“おかん”

パー子さんの復活?掲示板パー子さんの復活?掲示板

Let’s ゴールデンLet’s ゴールデン

わんたいむ~♪わんたいむ~♪

ラブラドールとして生まれて生きてラブラドールとして生まれて生きて

ルークとレナのゴルゴル日記ルークとレナのゴルゴル日記

犬のある暮らし犬のある暮らし

やっぱりラブが好きっ♪~悟天&紫音~やっぱりラブが好きっ♪~悟天&紫音~

ウィーさんのブログウィーさんのブログ

やすくんのありきたりの日常やすくんのありきたりの日常

動物愛護団体エンゼルスのブログ動物愛護団体エンゼルスのブログ

らっちゃんママさんのブログ WANZOO日記らっちゃんママさんのブログ WANZOO日記

掲示板 いろいろカキコしてね。掲示板 いろいろカキコしてね。

筋肉が骨になる難病FOPと闘う いっくんのブログ筋肉が骨になる難病FOPと闘う いっくんのブログ

新・うに まいす な日々新・うに まいす な日々

こも&ちょこDIARYこも&ちょこDIARY

ゆっくり走ろう長い道ゆっくり走ろう長い道

Enjoy!! Golden RetrieverEnjoy!! Golden Retriever

Mercyのトレーニング日記Mercyのトレーニング日記

PetiteJill と まいにち幸せ時間PetiteJill と まいにち幸せ時間

わんラブな日々わんラブな日々

瞳に宇宙を・・・心に愛を♪瞳に宇宙を・・・心に愛を♪

犬族・猫族・大家族犬族・猫族・大家族

バーニーズがやってきたバーニーズがやってきた

真夜中のウオーキング真夜中のウオーキング

わんこでゴー! 『4イタ&ケリー+ナイルの日記』わんこでゴー! 『4イタ&ケリー+ナイルの日記』

GO!GO!ゴールデンレトリーバーGO!GO!ゴールデンレトリーバー

トイプードルのレオンとアンナ闘争記トイプードルのレオンとアンナ闘争記

庭ガールさんのブログ庭ガールさんのブログ

多発性骨髄腫と闘うゴールデンレトリバー嵐の生活日記  &暴れん坊陸ちゃん多発性骨髄腫と闘うゴールデンレトリバー嵐の生活日記  &暴れん坊陸ちゃん

やまちゃんさんのブログやまちゃんさんのブログ

周防の風周防の風

元気な100歳を目指して元気な100歳を目指して

宮崎暁子のブログ ナレーター・声優・司会・MC宮崎暁子のブログ ナレーター・声優・司会・MC

ほしとたんぽぽほしとたんぽぽ

れもんさん 風とともにれもんさん 風とともに

全日本盲導犬使用者の会Webサイト全日本盲導犬使用者の会Webサイト

ともくさんのブログともくさんのブログ

ゴールデンの小吉さんさん♪ゴールデンの小吉さんさん♪

k&n 健康ウォーキングk&n 健康ウォーキング

JEYさんのブログ 是日一日好!JEYさんのブログ 是日一日好!

でこさんの 毎日を楽しもうでこさんの 毎日を楽しもう

kao さんのブログkao さんのブログ

hiroyukiさんのブログhiroyukiさんのブログ

ふくすけさんの100キロウオーク.comふくすけさんの100キロウオーク.com

福山のだんなさんのブログちらうら福山のだんなさんのブログちらうら

X-day
237へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: