2007.06.28 明日への葬列
実に4万人を数えた音楽葬参加者達 早朝から夜9時を過ぎるまで延々続いたお別れの葬列
若者たちのみならず 数多く参列されてた中高年の方たち
一時間以上も待つ人並の最後列に黙々と並び続けた。

それぞれが それぞれの人生に出会って そして感じ 励まされ 共に涙した あの坂井泉水さんとの最期のお別れに集まって来た人たちである。

赤と白20万本のガーベラとカーネーションに飾られた祭壇
お別れする人たちが等しく手に持つは 白いカラーの花一輪。
 【清楚・清浄・乙女のしとやかさ】 まさしく彼女をイメージするかの如く選ばれた花である。

突然の訃報に驚きを隠せず 【揺れる想い】の中 感謝と過去への想いに涙したひと月でした。
もう【君がいない】のですね。お別れの時が来たのですね。
彼女が残していった【かけがえのないもの】をそれぞれがしっかりと受け止め それぞれが希望の明日へ向け また歩き出す日になったと思います。

貴女の事は【永遠】に【きっと忘れない】でいますと。 どんなことがあっても【負けないで】頑張ると誓いながら 最後まで残って歌い続けていた何千人もの人たちの大合唱に見送られて 彼女は無事天国に旅立っていきました。

改めて感謝と哀悼の意を述べますと共に 希望の明日に向かって237も天国に行った坂井泉水さんに 頑張るメッセージを送ります。


20070629011838.jpg

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://from237withlove.blog79.fc2.com/tb.php/99-2946580f