あの大震災 阪神淡路大震災から22年 今年もやってきました1月17日  身近に あんな事が起きるなんて 思ってもみなかった出来事が明け方5時46分に起きました。
見慣れた阪神高速道路の橋げたが倒壊し 神戸の街のあちこちが焼け野原となり 犠牲者数6434名 行方不明者3名 負傷者43792名 倒壊家屋249180棟 焼損棟数7574棟 半年以上もがれき撤去のトラックが走り回って渋滞してたり どこの公園でも仮設テントが出来ていたのを 今でも覚えています。
あの 大震災を忘れず 思い返して 復興に感謝し 亡くなられた方々に哀悼の意を捧げに行ってまいりました。


CIMG0994_convert_20170118101745.jpg
会場の 東遊園地や人と防災未来センターへは 須磨海浜公園から歩いて向かいます。
今年も メモリアルウオーク西15キロコースに参加します。いつもの みなと町神戸ツーデーウオークと違って 気持ちが重く感じられ あの街の移り変わりを確認しながら 歩きます。





CIMG1002_convert_20170118101810.jpg
小さな公園では 今年も早朝から祈りが捧げられていたのでしょうか? 
1995 1.17 光のモニュメントが ありました。





CIMG1005_convert_20170118101831.jpg
237は いつものウオーキングスタイルに ヘルメットを被って歩きます。
 いざという時の為に 家で吊るしてるヘルメットを被ります。こんなスタイルで 逃げ回ることがないよう願います。





CIMG1012_convert_20170118101859.jpg
よく見掛ける 歩友さんも 元気よく歩かれてました。





CIMG1017_convert_20170118101928.jpg
途中2か所 休憩所に立ち寄ります。
参加費無料の上 ドリンクなども頂き しばし休憩をしながら 中心地に歩を進めます。






CIMG1021_convert_20170118101951.jpg
大倉山を通過してますと 西5キロコースの方々がスタート式をされていました。
西15キロも 途中で一緒になるのかな?って思ってましたが 道のりは別々なのですね?ツーデーウオークのように 各コースの方々が 途中で一緒になって目的地に向かうほうが なんか ちょっと嬉しいかな?って思いました。





CIMG1025_convert_20170118102016.jpg
おっ ちいさなワンちゃんを連れて歩かれてる方もいました。
大きな震災で避難を余儀なくされた時思うのですが 他の被災者の為 愛玩動物はどうすればいいのか まだ分かりません。
餌を出来るだけ与えてから リードを外して別れるのか 避難所に連れて行って片隅に繋いでやれるのか 飼い主は必ず決断を迫られますよね?
東日本大震災 熊本地震などでも 飼い主は厳しい判断を迫られました。







CIMG1033_convert_20170118102041.jpg
西15キロコースは 東遊園地は通らず 直接「人と防災未来センター会場」に向かいますので 237は三宮加納町交差点で南に折れて 11時頃 遊園地に到着いたしました。






CIMG1035_convert_20170118102106.jpg
ろうそくに灯を点けて 亡くなられた方々の魂を鎮めます。
安らかにお眠りください 





CIMG1041_convert_20170118102153.jpg
記帳を済ませますと 菊の花を一輪いただきました。





CIMG1042_convert_20170118102214.jpg
亡くなられて大理石の壁に掘られた方々に捧げます。 





CIMG1044_convert_20170118102236.jpg
東遊園地を後にして 30分ほど 本日のゴール 1.17のつどい会場「HAT神戸 人と防災未来センター」に到着しました。  







CIMG1045_convert_20170118102258.jpg
ここでは たくさんの方が 震災セレモニーに出席されたり 全国の被災地からやってこられた方々 防災に関するブースなどが 立ち並び いろんな防災に関する勉強や 発見があります。
神戸学院大学で防災を学ぶ学生さんや 舞子高校にある環境防災課で学ぶ生徒さんも 一生懸命忙しく立ち振るまれていました。




CIMG1047_convert_20170118102319.jpg
13時頃でしたか 15キロ歩いて お腹が空いてましたので お弁当を美味しくいただきました。







CIMG1050_convert_20170118102341.jpg
シェパードの可愛い ワンちゃんも一役買っています。
海外や国内の大災害時には 危険な瓦礫の中でも 人命救助に全力を尽くしてくれます。
シェパードは ちょっと怖かったのですが 目が優しく 頭や背中を なでなでさせて頂きました。









CIMG0979_convert_20170118150247.jpg
帰ってから 部屋でブログを書いてますと『地震が来ても パパ 見捨てないでくだちゃい』と くぅちゃんが 甘えて来ました。
2010年以降でも 2011年東北大地震 2015年小笠原諸島西方沖地震 2016年熊本地震 同じく1016年鳥取県中部地震など 私たちの記憶に残ってるだけでも こんなにあります。

どうぞ 今年は 何事もない1年となりますよう 願っております。





スポンサーサイト
2017.01.18 | C:3 | T:0

Secret

TrackBackURL
→http://from237withlove.blog79.fc2.com/tb.php/986-a6585df7