高知大学で半世紀以上の歴史を誇る 第56回室戸貫歩大会に参加させて頂きました。
主催は高知大学空手部 参加料1000円 ここは 走っても良し 歩いても良し 推奨道路はありますが とにかく 90キロを30時間以内に室戸岬に辿り付ければOKという なんともユニークな大会です。

隨ャ・包シ門屓螳、謌ク螳瑚イォ_001_convert_20161128141032
今回は前日の金曜日に高知入り 宿泊するホテルのチェックインまで時間があったので 市内観光を堪能します。
JR高知駅前に建ってる土佐立志3像(武市半平太(左)、坂本龍馬(中)、中岡慎太郎(右))は 思ってたより とても大きかったですね。
高さは5.3M重量は1体400キログラムもあるそうですね。




隨ャ・包シ門屓螳、謌ク螳瑚イォ_002_convert_20161128141103
続いて高知城まで歩きます。
市電に乗れば記念になるとネットに載ってましたが ウオーキングのスタイルで来てましたので やっぱり 歩いて行きました。約10分でしたでしょうか?





隨ャ・包シ門屓螳、謌ク螳瑚イォ_003_convert_20161128141125
そして高知に来たら ここですよね?
ひろめ市場にも寄ります。






隨ャ・包シ門屓螳、謌ク螳瑚イォ_004_convert_20161128141147
へえーこんな感じなんだ~ 思ってたほど大きくはなかったですが 昼間から観光客や地元の方でしょうか?思い思いの惣菜を買って 食べたり飲んだり 楽しんでおられました。













隨ャ・包シ門屓螳、謌ク螳瑚イォ_006_convert_20161128141210
237は やはり鰹のたたき と 生ビールを頂きました。やはり カツオのたたきは 分厚くてとても美味しかったですね。









隨ャ・包シ門屓螳、謌ク螳瑚イォ_007_convert_20161128141233
翌日の土曜日は 高知大学朝倉キャンパスに 朝7時半頃到着。
さっそく 手続きをした後 全員完歩旗を掲げ 皆さん全員が怪我もなく 室戸岬に無事到着されますよう願います。








隨ャ・包シ門屓螳、謌ク螳瑚イォ_008_convert_20161128141256
8時半より 高知大学空手部主将の説明 学長の歓迎のご挨拶を 聞きます。
今年は約500名だったでしょうか? 参加する友人やサポーターも来ているようで1000名近くいるように感じます。
ここは 一人で挑戦するのではなく スポーツクラブでの参加や 友人同士が団体で参加してたりして 歩くもの それをサポートするもの 助け合いながら全員で完歩を目指すような素晴らしい絆を得られる大会のようですね。










隨ャ・包シ門屓螳、謌ク螳瑚イォ_009_convert_20161128141318
いよいよ9時になりましたので 校門前の信号が替わるごとに出掛ける ウエーブスタートをします。










隨ャ・包シ門屓螳、謌ク螳瑚イォ_010_convert_20161128141342
さっそく 全員完歩ノボリに興味を示す学生さんには どうぞって 担いでいただきます。
お互い 頑張って 行きましょうと エールの交換をします。








隨ャ・包シ門屓螳、謌ク螳瑚イォ_013_convert_20161128180034
彼らは高知大学ハンドボール部に所属してる方々でした。
お互い がんばりましょう!







隨ャ・包シ門屓螳、謌ク螳瑚イォ_012_convert_20161128180006
すると 今度は前を行く サンダルおじさんが歩いておられました。
先週の第1回屋久島100キロウオークを完歩されて 1週間後の また100キロ級の参加は びっくりいたしました。お話を伺いますと なんと5週連続の100キロ級大会だそうです。
どんな 足腰されてるのでしょうね? あはっ





髫ィ・ャ繝サ蛹・スシ髢€螻楢楜・、隰鯉スク陞ウ迹夲スイ・ォ_014_convert_20161128180109_convert_20161128181624
夕刻 暗くなる前 道の駅に到着。
ここで 結構サポーターさんから おにぎり とか 差し入れを食べて 夜のウオークに備えようとされてるグループを見掛けました。
いいですね。 歩く人とサポートする人  友人家族の一体感が嬉しかったですね。








髫ィ・ャ繝サ蛹・スシ髢€螻楢楜・、隰鯉スク陞ウ迹夲スイ・ォ_015_convert_20161128180134_convert_20161128181652
道の駅を後にして 再スタートしますと 前を歩かれてるベテランウオーカーらしき方に出会います。
この方は もう100キロウオークを150回以上も達成されてる 凄いウオーカーさんでした。韓国の100キロウオークにも何度か行かれたようですし わたしが知ってる全国の有名な100キロウオーカーさんも よくご存知でしたね。










隨ャ・包シ門屓螳、謌ク螳瑚イォ_016_convert_20161128180159
日が暮れて来ました。
中間地点の安芸市を目指して 海に面したサイクリングロードを歩きます。
すると なぜか 龍馬ゆかりの道ツーデーウオークのノボリ旗が 1本立ってました。 ツーデーもここを歩かれてたのかな?






隨ャ・包シ門屓螳、謌ク螳瑚イォ_017_convert_20161128180221
11月の夕暮れは 早いですね。あっという間に暗くなって 安芸市市内を抜けて歩いていますと こんな応援メッセージがありました。
『むろとへ GO かんぽぜよ』 嬉しかったですね 元気が出ました。
『ぜよ』 って方言ですが 初めは分からず 完歩せよ!ってメッセージだと解釈しましたが 【完歩するか?】 【完歩やで~】【完歩するんだよ】って 感じですかね?

とにかく 嬉しかったですね。 ありがとうございました。






隨ャ・包シ門屓螳、謌ク螳瑚イォ_018_convert_20161128180246
後半になって疲れてきましたが 香川県から来られてました100キロウオーカーご夫妻に助けられながら 頑張って歩いていきますと やっと楽しみにしてました接待所に到着。
もう 何キロ付近だったか頭も回らなかったのですが 待望のお接待を頂きます。 おでん 豚汁 猪鍋? おにぎり3種 お漬物 果物 等など 1時間でもずっと食べ続けたいほど美味しいものが振る舞われていました。生き返りました。






隨ャ・包シ門屓螳、謌ク螳瑚イォ_019_convert_20161128180309
生活改善委員会の奥さん ありがとうございました。
お蔭さまで 元気になって また ゴールを目指すことが出来ましたよ。








隨ャ・包シ門屓螳、謌ク螳瑚イォ_020_convert_20161128180330
途中お世話になって 引っ張ってくださいました香川の100キロウオーカーご夫婦 農学部の女学生さんと4人で 最後の道沿いを助け合い 励ましあいながら 感動のゴールです!
時間午前4時44分 記録19時間44分 平均時速4.56キロ で完歩です。

今まで100キロ級で こんなに早く完歩できたのは 初めてです。これを100キロに換算しますと 22時間以内の完歩も夢ではないタイムと分かりました。
来年は 念願の24時間以内100キロ完歩大会も 狙えそうです。


お世話になった高知大学の皆様 生活改善委員会の皆様 そして 共にゴール目指したウオーカーの皆様 楽しい時間をありがとうございました。

また どこかの大会でご一緒になりましたら また 宜しくお願い申し上げます。





 


スポンサーサイト
2016.11.28 | C:6 | T:0

Secret

TrackBackURL
→http://from237withlove.blog79.fc2.com/tb.php/972-07f4b36e