エアコンを買い換えてみました
- 2016/10/21(Fri) -
この夏 スイッチを入れても なかなか作動せず 街の電気屋さんに診てもらいましたが もう古くて替えの部品もないようで 買い替えを余儀なくされました。

買い替えにあたっては 壊れたエアコンの取り外しと 廃棄処分も必要な為 業者を検索しますと 大体5000円~10000円します。たまたま 貴金属回収業者のチラシに『エアコン取り外し 引き取り無料』 と書かれてましたので 頼んでみました。

(デジカメは先日の雨の100キロウオークで修理不能との事でしたので 修理済みで帰ってきたスマホで撮影していますので 見にくいです。)




DSC_0019_convert_20161021145836.jpg
貴金属回収業者の方が来られたのですが 室外機を留めているボルトが錆びついていて回らないので 
撤去は ようしませんと言われて 残念ながら帰られました。






DSC_0020_convert_20161021145906.jpg
このボルトが回らないようです。室外機は当然雨水にも濡れてて どこの家でも錆びていると思うのですが なんででしょうね?










DSC_0023_convert_20161021145929.jpg
そこで急遽ホームセンターで金切りハンディーソー(950円)を買ってきて 金具台ごと 切り離します。

危ないですよ

パパ 何してるの でしゅか?      by くぅちゃん






DSC_0033_convert_20161021145949.jpg
2時間以上 掛かりましたが 4箇所切断出来ました。


倒れるよ~ ひぃ~  by くぅちゃん






DSC_0054_convert_20161021150127.jpg
室内機は 軽いですし 約20分ほどで簡単に取り外し出来ました。










DSC_0046_convert_20161021150038.jpg
室内機と室外機を繋いでる パイプや電気の線なども 外します。
カバーは 取り付け時に また使うとエディオンから聞いてましたので カバーは残します。









DSC_0039_convert_20161021150013.jpg
カバーの中は 銅で出来たパイプが2本 電気の太い線が2本入っていました。
銅で出来たパイプは冷媒で使われてるフロンガスが入っており パイプを外す時は 6角棒レンチでパイプ内を締めないと漏れ出してしまいますので気を付けましょう。
(メーカーに仕方を問い合わせましたが 業者ですか?と訊かれ なぜか ユーザー様にはお教えできませんと 言われました。産廃の取り扱い免許がないと 教えて頂けないものなのでしょうか?)


 





DSC_0050_convert_20161021150101.jpg
全部で約3時間半掛かりましたが 思ってた以上に うまく取り外しが出来ました。





DSC_0055_convert_20161021150150.jpg
これで 無料で 回収して貰うことが可能となりましたね。





DSC_0069_convert_20161021155015.jpg
買ったエディオンから手配されて来られた業者さんは サイズが合わない台でしたが 丁寧に施工していただき 無事収まることが出来ましたね






DSC_0067_convert_20161021154954.jpg
新しいエアコンも 無事取り付け完了となり この冬はひとまず安心ですね。







DSC_0056.jpg
今回237が使った主な道具です。金切ハンディーソーだけ買いましたので950円の出費で 7560円節約しましたので 小遣い6600円のゲットですね  あはっ








スポンサーサイト
この記事のURL | Do It Yourself(DIY)自分でやってみよう | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<第18回和泉弥生ロマンツーデーウオーク | メイン | 2016年定期健康診断の結果報告>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://from237withlove.blog79.fc2.com/tb.php/956-661f3527
| メイン |