今回の三河湾100キロウオークは 完歩リボンも200枚ほど配って皆さんの完歩を祈り 全員完歩ノボリ旗を担いで元気に歩き 背中には深夜の孤独なウオークで少しでも夜明けに向けての道しるべとなればと LEDライトをいっぱい輝かせて初参加しましたが わたくしは残念ながら83キロ地点で時間切れリタイヤとなり とても とても悔しいリタイヤとなってしまいました。              









          第20回三河湾100キロウオークの感想や反省やら

この度は二日間に渡り会場の設営 運営 サポート等々 大変お世話になり有難うございました。心より御礼申し上げます。

わたしは今回 100キロウオークを楽しむ為 「幸せの完歩リボン」200程配り「がんばろう全員完歩旗竿」を担いで 更に夜間は背中にLEDライトをたくさん輝かせながら歩かせていただきました。
ウオーカーの中には日頃からの鍛練成果を試し 限界のスピードで記録を目指すアスリートもいらっしゃいますが わたしは最後尾辺りで 初めて100キロに挑戦し リタイヤと完歩の狭間で苦悶するウオーカーを励まし 初めて出会うウオーカー同士の楽しいコミュニケーションを味わいながら一緒にゴールを目指してました。

わたしは今回用意した「幸せの完歩リボン」をスタート会場やウオーク中 一緒に頑張りましょう リボンを是非ゴールまで連れて行って下さいと配り 少しでもウオーカーが楽しく 頑張れるようにと考えてました。途中ゼッケン「1」番の方を見かけたので声を掛けリボンをお渡ししたところ なんと!主催者会社の会長さんと分かりました。
また ところどころでは配ったリボンを見せられ ゴールまで頑張って付けて行きますよ とご挨拶頂いたりしました。
「がんばろう全員完歩旗竿」を担いで歩いていると この旗を見ると元気が出ます スタッフさんですか?力を貰いますと言われながら追い越して行かれる方が何人もいました。
夜間のウオークでは 背中に輝くLEDライトを後方から見つけると 朝まで頑張ろうという気になりましたと言われながら歩かれるウオーカーさんにも遭遇しました。
途中で路肩に倒れてる方にはお声を掛け もう次のポイントでリタイヤを考えてる方には「時間的には まだまだたっぷりあるので 少し休んで体力の回復や 筋肉の痛みをとって まだゴールを目指しましょう。リタイヤするとゴールで満面の笑みを浮かべて完歩される人を拍手したりしますので 完歩できなかった自分を責めたり 悔しさ空しさを感じてとても辛くなるので もう少し頑張りましょう 完歩はすごい自信となり何ものにも代えがたいですよ」などと励ましながら歩きました。

途中のチェックポイント手前では閉門時間が迫っていて 「なぜこんなに早く閉めるのでしょうね?印刷ミスでしょうか? まだ時間はあるのに」と他のウオーカーさんと不思議がったりもしました。 中にはその都度 ギリギリで走ってポイントを駆け抜ける方がおられたり 知人たちがもう閉門に間に合わないと思い リタイヤしたと言われるグループリーダーの方もいました。

わたしがリタイヤとなったのは83キロポイント手前でした。7時30分頃 まだ間に合うと何人かの方と励まし合って先を急いでましたら スタッフさんから「ここで時間切れです 車に乗ってください」と指示を受けました。
「まだ30時間以内に完歩できる時間は充分にあるし もう少し歩かせてください」と言いましたが叶いませんでした。
確かに主催者側で決めたチェックポイントの閉門時間を30分過ぎてました。 案内やルールには「大会運営上時間内にあってもリタイヤ車にお乗り頂くことがあります。チェックポイント閉鎖時間を過ぎるとリタイヤになります。」となっており 仕方がありませんが あと17キロ 残り時間は6時間50分 ここから平均時速2.48キロ以上で歩けば30時間以内に完歩出来る計算でした。
最後尾辺りで楽しんで来た自分がいけなかったのですが アンカーにも追い越されず安心していましたした。 

わたくしウオーカーにとっては完歩の表彰や記録も大事ですが それより何より 自分では最終30時間以内に100キロを歩けたら完歩だと思っていました。ここは制限が30時間もあり30時間も楽しめる大会だと勝手に思って参加を決めました。
スタッフさんの御苦労や安全管理も配慮されなければなりませんが まだ体力的 気力的に30時間以内に完歩を目指せる方々を途中で終了するのは どんな運営上の判断か分からず 自分自身が情けなく味気ないものになってしまいました。



わたしのような安易な考え方のウオーカーは ここの100キロでは 通用なかったですね。あはっ 
制限時間30時間以内であれば なんとか完歩と思ってたウオーカーにも少し甘い100キロにしていただけたら嬉しかったですが 甘かったですね  あはっ

この度は大変お世話になり有難うございました。貴社 並びに主催者皆々様のますますのご繁栄をお祈り申し上げます。

              237ですよ。\(^▽^)/
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://from237withlove.blog79.fc2.com/tb.php/860-af93c35c