CIMG1017_convert_20150824121958.jpg
昨年初めて参加した第22回嘉穂夢運ハイクは 高温多湿 と肉刺に悩まされ 更には ほとんどが峠を登ったり下りたりするような 過酷な体力消耗を伴うウオークだったので ゴールできたのが朝5時頃 なんと!10時間6分もかかるという厳しい返り討ちに遭いました。
今年は 肉刺対策もしっかりし 体重も少し落とし 昨年のような事がないよう たくさんのウオーカーさんとの再会と会話を楽しみながら歩くことを最大の目標に 嘉穂総合運動場にやってきました。






CIMG1023_convert_20150824122110.jpg
夕方の18時45分頃 40キロコースの方々が一斉にスタートします。
パパも例によって 最後尾辺りより ゆっくりと歩きだします。ほんとうは 先頭近くで 優位な気分に浸りながら歩きたい気持ちもありますが ペース配分を間違うと 必ずしっぺ返しに遭いますので ここは ぐっと堪えて 抑えて抑えて 行くことに致しましょう。




CIMG1024_convert_20150824122220.jpg
19時を過ぎますと 直ぐに辺りは暗くなります。
山の中で 照明もほとんどありませんので 光はウオーカーさんが照らす ヘッドライトとゼッケンを兼ねた反射帯がゆらゆら揺れて とても幻想的な風景となります



CIMG1026_convert_20150824122245.jpg
ナイトウオークは 景色は見えませんが ウオーカーが作り出す このような幻想的な風景で とても楽しくなりますね
まるで 夜光虫がゆっくりと流れて漂っているようです



CIMG1029_convert_20150824122317.jpg
後ろから お声がかかりました。
記念に いつものように完歩旗を持っていただきます。
他にも 何人かの方にも 完歩旗を持っていただいたのですが 写真がうまく映っていなく ブログにアップ出来ませんでした。申し訳ありません また 次の機会に宜しくお願い致します。





CIMG1040_convert_20150824122351.jpg
午後8時になりますと 恒例の花火が多数上がります。
この花火を見ると まるで全国から はせ参じた我々ウオーカーを歓迎して頂いてるようにも思えて嬉しくなってきます。ご近所の方々も 家から出て 花火を楽しんでいるようですね




CIMG1055_convert_20150824122420.jpg
ここは8.5キロ地点 黒田武士の館だったでしょうか?給水のお接待を受けて 直ぐに次のポイントに向かいました。
次第にTシャツも汗でぐっしょり 昨年より涼しいので助かりますが いよいよ 峠の登り坂ばっかりのアスファルト道です。
こんな キツい しんどいコース設定をされた主催者はきっと Sですよね? あはっ



CIMG1057_convert_20150824122448.jpg
列もバラけて来て 一人で歩いてますと 後ろからお声がかかりました。元気よく追い抜いて行かれましたので 記念に写真を撮らせて頂きました。 無事お元気で 完歩されたでしょうか?



CIMG1058_convert_20150824122513.jpg
峠の道は 真っ暗で 三日月の僅かな明かりだけです。パパのヘッドライトは電池切れを起こして前が見えなくなりました。 道路のあちこちではガードレールが交通事故?で破損してたり 豪雨で路肩が崩れたりしていて とても危険です。 このようにカラーコーンを危険なとこに設置して頂いていて とても助かりました。心のこもった対応有難うございます。




CIMG1059_convert_20150824122540.jpg
ここはどこだったでしょうか? たしか20キロ辺りの長野公民館だったような気が致します。時間は22時50分位。トイレと水分補給とトマトをいただいで 次を目指します。あと半分の20キロ とてもキツくなってきましたが うまく行けば念願の午前3時台に行けるのではないか?と 俄然意欲が湧いてきます。  抑えて抑えての気持ちも いつの間にか どこへやら ひたすら前を見据えて進みます。



CIMG1062_convert_20150824150935.jpg
今回も パパの背中には 様々なLEDライトを光らせ華やかに 手には『完歩旗』を持って ウオーカー全員の完歩を願いながら がんばります。




CIMG1063_convert_20150824151009.jpg
ここはどこだったか 疲れもピークとなって来て あまり覚えてませんが 確かわたしも トマトをいただき 直ぐにスタートしました。
あと 何キロ? ひたすら あと何キロなのか 気にしながらのウオークになってきます。




CIMG1065_convert_20150824151037.jpg
ここは あと8.4キロと書かれたポイントでした。トイレを借りて 直ぐにスタート かかとが痛くなってきましたが 痛さを意識から消し去るように努力して 最後の闘いに向かいます。

数名の方が 放心状態で 道路や路肩などに座り込んで休まれています。 あと少しです。 一緒にゴールまで がんばりましょう!


CIMG1069_convert_20150824151131.jpg
午前3時26分 遂に ゴールの嘉穂総合体育館 陸上競技場に帰って来ました。






CIMG1066_convert_20150824151107.jpg
楽しみにしていました ゴールでの豚汁に舌鼓を打って 待望のシャワーを浴び着替えてから 体育館入り口で 頑張って帰ってこられたウオーカーさんを 約1時間ほど お出迎えさせていただきました。
みなさん 『あ~やっとゴール』『疲れた~』『あ~長かったあ~』って言いながら 完歩チェックを受けに行かれました。







CIMG1071_convert_20150824151158.jpg
距離40.4キロのアップダウンコース 時間8時間41分  午前3時26分到着  平均時速4.65キロ
ちなみに 昨年の記録は10時間6分 平均時速で3.99キロでしたので  1年で1時間25分の短縮が出来 尚且つ 足にはほとんどダメージもなく終ることが出来 とても満足しながら帰って参りました。


サポート下さいました 主催者 スタッフの皆さま 共に厳しくも楽しい時間を過ごさせてくださいましたウオーカーの皆さま 有難うございました。
ただ 途中ウオーカーの方から この嘉穂夢運ハイクは あと2回ほどで終了との情報を頂きました。詳しいことは分かりませんので HPなどで確かめてほしいですが とても残念ですね。
来年はあるそうですので また兵庫より駆け付けたいと思いますので 皆さま どうぞ宜しくお願い致します。






スポンサーサイト
2015.08.24 | C:12 | T:0

Secret

TrackBackURL
→http://from237withlove.blog79.fc2.com/tb.php/838-962e350c