自転車事故を心配して 歩道整備をお願いしてる記事をアップしましたが 明石市でも下記のような[自転車マナーアップ大作戦]をしてるのを知りました。



閾ェ霆「霆翫・繝翫・繧「繝・・螟ァ菴懈姶+036_convert_20130809151113


主催は 明石市交通安全推進協議会ですね。 どんな団体なのかパパはよく知りません あはっ
協賛は 明石市立天文科学館 明石ケーブルテレビ 明石地区タクシー協会 山陽電気鉄道 JR西明石駅 ETC

パンフレットによりますと アンケートクイズに答えて応募すると 抽選で345名に素敵な景品が当たる様です。
パンフレットをよく読まないとアンケートクイズに答えられないし 何より50円切手を貼って出さないといけないし
 ローカルな明石市での活動のようですので 案外応募者も少なく当たる確率も高いのではないかと思って
パパは応募しようと考えています。

この自転車運転マナーアップ作戦チラシを読んでいて初めて知ったことがあります。
① 自転車2台が並んだ交通標識がある道路では 自転車2台まで並んで走ることが出来るとの事でした。
今までは こんな標札があるのも知りませんでしたし 自転車が何台も並んで走ってても法的には問題ないもんだと認識していましたね。

②13歳未満の子供や自転車に同乗させる6歳未満の子供にはヘルメットを着用させるよう努めなければならないのですね。 知りませんでした。結構小学生の自転車を見掛けますがノンヘルメットですね。

③傘 携帯電話しながら運転 イヤホーン使用中運転 無灯火運転は いけないマナーとなっていますが ほとんど守られてないのが現実であるのですね。

④ 自転車には速度メーターが基本ありませんので 速度制限がありません。従って相当な速いスピードで走っていても取り締まることができないようです。
制限速度を問われない車両が歩道などを実際にに走ってる現状は とても危険だと思いますね。


結構勉強になりましたが まだまだ これからも自転車マナーの向上や自転車事故をなくしていくのは厳しいものがあるのではないかと認識しています。
それは やはり自転車運転が免許が要らない乗り物であり違反 罰則から無縁な乗り物であるとの認識があるように思うからです。 日本の道路事情もあるのでしょうが 自転車が車両であるにも拘わらず車道より歩道を走る傾向があるからだと思っています。

今後 様々なマナーの向上運動や学校などでの安全啓蒙活動で少しずつ事故は減るかも知れませんが ほんとに事故を無くし安全な道路事情にしてゆく為には 自転車が安全に走れる専用レーンの新設と共に 自動車同様 法律に基づく免許制度を導入しなければ マナーをいくら説いて啓蒙しても なかなかモラルを守って運転する人は増えないのではないでしょうかね。



閾ェ霆「霆翫・繝翫・繧「繝・・螟ァ菴懈姶+034_convert_20130809151824
パパ 夜はお外を歩かないで 涼しいお部屋で寝てるのが1番安全な方法ですよ

スポンサーサイト
2013.08.09 | C:2 | T:0

Secret

TrackBackURL
→http://from237withlove.blog79.fc2.com/tb.php/583-919bb516