初七日の法要をやってあげました
- 2012/09/04(Tue) -
仏式や神式など いろいろあって よくわかりませんが 気持ちを込めて精一杯祈ってあげましたよ

初七日は亡くなった方が 三途の川を渡る日なんですね

船でわたっても49日もかかる 広大な川幅だそうです。

渡銭を持ってない チュンコさん 無事にお船に乗ることが出来たのでしょうかね





[広告] VPS
スポンサーサイト
この記事のURL | 愛犬との生活 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
<<動画を見て偲んであげました | メイン | ありがとう そして さようなら>>
コメント
--
大切な大切な愛犬ですものね~
精一杯供養してあげたんだもの、チュンコちゃんは喜んでますよ。
大丈夫ですよ~絶対お船に乗れたに決まってます^^
パパとの思い出もいっぱい乗せて。。。
ウチは、亡きティアラのお腹としっぽの毛を切って残しました。
お骨は納骨しないでず~と家に置いています。

でも、身体は無くなっても、思い出はいっぱいいっぱい残ってますからね~

2012/09/05 17:10  | URL | ティアラ家ママ #99DFA69w[ 編集] |  ▲ top

-ティアラ家ママさん こんばんわ-
初七日の意味は知らなかったので 調べてみたんですよね。

初七日は亡くなった方が 三途の川にたどり着いて そこで 日頃の行いがどうだったかによって 渡る川の流れが 暖流 急流 激流に振り分けられるみたいですね。
川幅も とてつもなく広いみたいだから とうぜん泳いで渡るのは無理だし 橋で渡るか 渡し舟に乗って渡るしかなく お金もいるようです。

この橋というのが いわゆる[虹の橋]と言われるものなのでしょうか?動物専用ですかね? あはっ

チュンコさんは 生前 とてもいい子でいてくれましたし パパや家族や ご近所の人たちにも愛をいっぱい与えてくれましたので 暖流の川が与えられたと思っていますが 渡船に乗るのに必要な六文銭を渡していなかったので 少し心配になりましたよ 


>ウチは、亡きティアラのお腹としっぽの毛を切って残しました。



これ 気がつかなかったなあ 頭の毛かなにかを残しておくべきだったかな?って思いました。 
パパが記念に残しておいたのは チュン子さんがしていた赤い首輪と 赤いリードと ピースが咥えてきたバンタナ それと数え切れないほどの写真や動画ですね。
やっぱり 生きていた時の動画を見たり 声を聴くと ホッとして懐かしくて ニヤニヤしながら 見入ってしまいますよね。

これからも 寂しくなった時には 写真や動画を時々眺めて 癒されたいと思っています。

いつもコメントいただきまして ありがとうございました。
2012/09/06 01:38  | URL | 237ですよ。\(^▽^)/ #MMCIPnfw[ 編集] |  ▲ top

--
久しぶりに訪問してみたら・・・

チュンコちゃん 旅立ってしまったのですね
さぞかし気を落とされていることでしょうね
愛犬を亡くした悲しみは 私も経験済みですが
それはそれは 計り知れないほど辛いものがありますね
どうかどうか パパさん お体を労わって下さいね

そしてチュンコちゃんの ご冥福を心からお祈りいたします
2012/09/08 20:06  | URL | いちごママ #7ng5PFxo[ 編集] |  ▲ top

-いちごママさん コメントありがとうございます-
あれだけ恐れて それまでにいっぱい思い出を作って 楽しんで愛し 慈しんで 決して後悔しないよう準備してきたつもりなんですが いざ そのときを迎えましたら もっとああすればよかったか こうしとけばよかったのだろうかと 悔やんでしまって まだまだ 送ってあげる気にはなりませんね。

こんな辛い気持ちにならないようやってきたつもりでしたが まったく役には立ちませんでした。

いつまで こんな気持ちが続くのでしょうかね?

早く 平常の気持ちになって 普通の生活に戻れるようにしたいですよね。

ご丁寧なコメントありがとうございました。
パパは また がんばります
2012/09/10 23:56  | URL | 237ですよ。\(^▽^)/ #MMCIPnfw[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://from237withlove.blog79.fc2.com/tb.php/508-2cfc1c95
| メイン |