最近たくさんの大会に参加させて頂いてきて少しウオーキングモラルについて考えてみました。

まだ マラソン人口に比べて参加人口も少ないですが マラソンと違って普通に一般歩行者の通る歩道を連なって歩きますし 信号では一般車両の右左折の妨げとなるケースもあって これから付近住民やドライバーなどの理解を促し 地域に受け入れられ発展して行く為にはウオーカー自身の高いモラルが要求されるのではないかと思っています。

① まず連なって歩くウオーカーにはなんの特権もなくむしろ一般歩行者の妨げにならないよう注意しながら歩かなければなりません。
② 交差点信号を遵守し 安全に注意しながら渡らなければなりません。急ぐあまり信号を無視したり通行車両の妨げとなる歩行にならないようにしなければなりませんね。
③ 基本的に空き缶・ペットボトルなどは持ち帰り むやみに捨てて町を汚さない様にしなければなりません。
④ 休憩するコンビニや公共施設では汚さず また駐車場に座り込み来客駐車の妨げとならぬよう気を付けなければなりません。
⑤ 協力頂くボランティアさんや沿線住民 沿線店舗に感謝して高いモラルで利用する事が大事ですよね。
東京の人気ランニングコース皇居周回コースでは道幅いっぱいに広がって走るランナーがいて一般歩行者や自転車が立ち止って困っているようです。また 一般の歩行者に【どけっ!】って言葉を浴びせかける不心得者がいます。
私たちはあくまで 迷惑をかけずウオークすることで初めて理解を得られて 楽しく完歩出来るものであると思っています。

ウオーカー同士に於けるモラルについて

① ウオーカーモラルと重なってる事が多いと思いますが 互いに道を譲り合いスムースに歩けるように互いに配慮し合う必要がありますよね。
② 体調不良者や怪我人などを見かけたら声を掛け合い 仲間意識を持ってゴールを目指したいですよね。
③ 走りたくなっても決して走ったりなどせず 同じ方法で同じ道を歩く事で互いの苦しみや喜びを共有し合える完歩を目指したいですね。


全国の100キロウオークの中では途中で走っていたり ゴールに集団で走って入る動画を観ました。 特にルールがないからとか 距離を誤魔化したわけでは無いとか 他人と競っている訳ではないからとかで 他のウオーカーさんで容認されてる方もおられました。

が これはみな 同じ土俵で同じ方法でゴールを目指すからこそ 互いへの思いやりや理解が出来るものではないかと思っています。ウオーキングで走っておられる方々への相互理解や共同性は ぼくはちょっと難しく感じてしまいます。

私たちは 同じ道を 同じ方法で 高いモラルを持ってゴールしてこそ 初めて本当の意味での完歩証を頂いた事になると考えています。  

まあ いろんな方が いろんな事を考えて参加されるので いろんな事があっても仕方がないのですかね?あはっ










ポチッと   ありがとね┐▼(^(エ)^)▼┌\(^▽^)/┐▽(゜(エ)゜;)▽┌
スポンサーサイト
2011.04.06 | C:5 | T:0

Secret

TrackBackURL
→http://from237withlove.blog79.fc2.com/tb.php/418-ff465a47