2017 / 10
≪ 2017 / 09 2017 / 11 ≫
Page.261

20090925213123_convert_20090925214548.jpg



こないだね 夕方チュンコとピース連れてお散歩しとったのんよね。 もう7時過ぎとったのんかなあ 辺りは暗くなっていたのんよね。

ぼくたちは広い道を南のほうから北に向けて歩いてたんよね。 そしたら前方20~30メートル位北の路地から自動車が広い道に出る為 一旦停止して そんで出てきたのんよ うん。

そしたら 北側から自転車が結構なスピードで走って来て 自動車の前をスレスレに横切って当たってしまったのんよね。
自転車は倒れ 乗っていた小学生の子供は暫くうずくまってたんやけんどお 運転してた若い女性に介護されて立ちあがったのんよ 擦り傷はあるみたいやったけんどお 大した怪我も無いみたいやったのんよね。

っでも 続いて現われた 母親らしき人が 大変な剣幕で『うちの子 殺す気か!』って もう大変なんよね。 ドライバーもとっさの出来事で 気が動転してしまって ひたすら謝ってるんやけんど 手や足も ガタガタ震えてるみたいなんよ。

ぼくは冷静に見てたのんで 119番と近くの交番に人身事故の連絡をしてあげたのんよ。
暫くして救急車と警官がやって来て 現場検証なんかを始めたのんよね。

相変わらず女性のドライバーは ロレツも回らず小さな声で質問に答えてるんやけんどお まだ何んも訊かれて無い母親が 大きな声で『この車が突然出て来た』って喚いてはるのんよね。




ぼくはどないしよかなあ?知らん振りして帰るかなあ~って思ったんやけんどね。あんましドライバーが可哀相なもんで 警官に説明したのんよね。


『この自動車は出口で一旦停止してから またスタートしたのは確かなんよね。 この自転車は無灯火やったし この暗さ 自動車のライトには自転車は映らないし 真横から あんなスピードで無灯火の自転車が走ってきたら とっても認知して そんで よけ切る運転をするのんは大変困難と思うよ。 法律的には よう判れへんねんけんどお この事故は 無灯火の自転車にも相当の非があるのんとちゃうのんかいねえ?』って証言したのんよね。


最近歩行者と自転車の事故が増えてきたみたいでっしょ? 自動車同士や自動車と歩行者の歩行スピードなら 気を付けていたら ほとんどの事故は予見でけて避けられると思うねんけんどね。
あの様な無灯火の自転車が 相当なスピードで車の前や後ろを横切られるとね。
運が悪ければ 誰しも接触事故や人身事故は避けられないと思うのんよね。

学校や家庭での自転車安全走行については やってると思うねんけんどお 肝心の灯火については ほとんど見逃がされて様に思われるのんよね。
折りしも 秋の交通安全運動期間になるねんけんどお 無灯火で走る自転車には 厳しく注意し それでも聞かなければ 乗車禁止の何らかの行政処分も考えないとね いくら弱者に気を付けて運転出来るから免許を与えられたと云われてもね 事故は減らないし 救われる命も救われなくなっちゃう様に思えてくるのんよね。


違うかいねえ うん?


0000蟷エ00譛・0譌・_P1010196_convert_20090617224528
パパ わたしも気を付けて歩くようにするからね ピースはパパ面倒見たってよね。


ポチッと     ありがとね。┐▼(^(エ)^)▼┌\(^▽^)/
スポンサーサイト


【女性の方のお気持ち】
こんばんは。

もう、女性の方、怖かったでしょうね。時間を巻き戻して、一旦停止したあと、左右の確認をしっかりすればよかったと、後悔されたことでしょう?
私も、同じような経験があります。相手は自分が悪いと思って頭を下げ、自転車をこいで去っていってしまいました。もうハンドルを握ったままショック状態の私。お名前、ご住所をお聞きすることも出来ず。

男の子が、かすり傷でよかったですよね。
【自転車の夜間無灯火運転は許されない蛮行です。】
ケイタイ・インさん こんにちわあ♪\(^▽^)/

>もう、女性の方、怖かったでしょうね。時間を巻き戻して、一旦停止したあと、左右の確認をしっかりすればよかったと、後悔されたことでしょう?



でしょうねえ。 何が何んだか 分からないうちに事故が起きて 目の前に男の子が倒れてる 初めは きっと理解出来ず ただただ起きている現実にうろたえ 震えが来たと思うんですよね。

一体全体何が起こったのか?

Q,もし 女性運転手が 左右の確認をしっかりすれば 果して事故は防げたのんか?

A、路地から大きな道への出口。 車は一旦停止して 左右確認をしている。
 辺りは既に暗くなっている為 ライトを点灯する自動車は確認できた。
 交差点真近の歩行者はかろうじて確認でき、やり過ごす事が出来た。
 無灯火の自転車は交差点より10M以上となると 全く夜道に溶け込んでしまい 運転手からは見えない。

その様な状況の中 運転手は左右を確認してから 車をスタートさせているのんよね。
そして アクセルを踏んだ途端 目の前に横切る自転車を発見、フロントバンパーに接触し倒れる自転車に気が付いたのんよ。

Q、果して無灯火の自転車はどうすれば発見できたのでしょう?

A、おそらく自転車は時速20KM位は出ていたと思うんですよね。 あの暗さの中 運転手から5Mのとこ位にいる歩行者は確認できますので この運転手から5Mで自転車を発見したとして それから何秒で自転車は車に接触するのでしょう。

時速20キロで走る自転車は 秒速約5,5メートル走ります。したがって左右を良く確認して運転手から5メートルのとこで自転車を発見してから接触まで約1秒しか迂避行動をする時間が無かったのです。
これでは 誰しも事故を避ける事は困難かと思います。 唯一避ける方法があるとすれば、運転手が一旦車を下車。交差点の左右をよく車外で確認してから 改めて運転席に戻って発進させる事も考えられますが 発進するまでの数秒間に自転車は秒速5メーター以上で近づいて来て 同じ様な事故の可能性が起きます。

ぼくは この様な状況を考える中で この事故は 起こるべきして起きた ある意味避けられない事故であったのではないかと思うんですよね。

夜道 無灯火で走る自動車は 凶器であり決して許されない不安全運転ですよね? 事故が起きない方が不思議です。
っでは 夜道を走る無灯火の自転車は どうでしょう。 夜道 無灯火の自転車は 歩行者から見れば とても危険で発見しづらい凶器とも受け止められると共に 走行自動車から見れば 接触事故に繋がり 健全な運転手を一瞬にして加害者に仕立てあげてしまう野蛮な自転車と映ります。

この様に 時には交通加害者となって歩行者との事故を起こし 時には交通弱者としての被害者となり 一瞬にして自動車運転手を地獄の淵に落とし込める事故を誘発する夜間無灯火自転車は 加害者被害者双方とも交通被害者を産む 決して許されない行為であるのではないかと ぼくは考えます。 

っであるならば やはり 自転車の夜間無灯火運転は 二重の意味に於いても罪があり 加害者被害者双方を無くし 健全な交通社会を目指すにおいては 必ず無くして行かなければならない蛮行ではないでしょうか うん? 


【】
確かに車の運転で1番嫌なのが 自転車とバイクです。
いつも危ないな~って思ってます。

今回の事故は、多分に自転車に非があると思いますが、車が少しでも動いてたら 運転手の前方不注意ですからね~。
運転手の方が 気の毒です。

我が物顔に自転車が走ってる道路、ちゃんとしたルールとしっかりした罰則を設けないといけませんね。
それにしても、後から来た母親の行動・言動にはびっくり。
自分の子供の面倒もちゃんと見れずに、あの暴言は無いですよね~。
確かに 自分の子が交通事故にあったら 親として気が動転するのは解るけど・・・
不幸中の幸い、怪我が軽くて良かったです。
でも、運転手の方の心の傷のほうが大きそう・・・
【いちごママさん こんばんわあ♪\(^▽^)/】
>確かに車の運転で1番嫌なのが 自転車とバイクです。
いつも危ないな~って思ってます。

ですよねえ。 バイクは車体が小さくて 視野に入りづらいし 結構小回りが利くから 自動車運転手からみて 次の走行予測が読みづらく 怖いんですよね。
っだから バイクの方は 昼間からライトを点灯して 自分のバイクの存在をアピールされてる方が 多いように思うんですよ。
ぼくも 普通二種免許の講習を受けてた時に 教官から 天候が悪かったり 夕方になったら 早くライトを付けてくださいねって言われたのんよね。
これは 自分が見易くする為だけではなくてね 対向車や歩行者から見て はやく自分の存在を認知してもらい 事故を回避するマナーの一つだと言われたのんよね。

自転車は その点 まだ自動車免許を取得されてないかたも 結構おられるもんでえ 相手から見て 自分の自転車がどんな風に見えるのんか また見えないのんか分からないと思うんですよね。

っだから 尚の事 ライトを付けて 自動車運転手に 早く発見してもらうようにしてくれないと困るんですよ。
自転車運転者の中には 自動車に比べて 交通弱者だからか 自分本位に走られてる様な感じもするんですよね。 やっぱり交通法規とか全体的な交通ルールやマナーの訓練が出来てないのが その原因の一つとも思われます。 

これからは 最低自転車にも免許制度を適用して 簡単でもいいから 交通ルールの重要性を学ぶ機会を作るべきではないでしょうか
一旦 事故となれば 余程の事がない限り 自転車は交通弱者で被害者。 乗用車は加害者として糾弾されるのんは ぼくは 納得がいかないのんよね うん?


>それにしても、後から来た母親の行動・言動にはびっくり。
自分の子供の面倒もちゃんと見れずに、あの暴言は無いですよね~。

ほんまやね。 こんな方は いっつも責任を他人に転嫁していやはるのんと ちゃうのんかいねえ?
子供に ちゃんとライトの点灯をさせ 交差点や薄暗い道路は ゆっくりと走るように教育してこなかった 親としての責任を感じるべきではなかったのんとちゃうのんかいねえ?

ひょっとしたら 親子で当たり屋やったりなんかしたりしてねえ あはっ

この記事へコメントする















にほんブログ村 その他スポーツブログ 100キロウォークへ
 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村ブログランキング参加中 良かったらクリック↑お願いします。

Author:237ですよ。\(^▽^)/

powered by kassyi

237ですよ。\(^▽^)/のプロフィール

Author:237ですよ。\(^▽^)/

plugin by F.B

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
思い出の写真集 マイデジブック思い出の写真集 マイデジブック

サラダ姫と犬きち日記サラダ姫と犬きち日記

幸福さん家の愛犬“フィーバ”と飼い主“おかん”幸福さん家の愛犬“フィーバ”と飼い主“おかん”

パー子さんの復活?掲示板パー子さんの復活?掲示板

Let’s ゴールデンLet’s ゴールデン

わんたいむ~♪わんたいむ~♪

ラブラドールとして生まれて生きてラブラドールとして生まれて生きて

ルークとレナのゴルゴル日記ルークとレナのゴルゴル日記

犬のある暮らし犬のある暮らし

やっぱりラブが好きっ♪~悟天&紫音~やっぱりラブが好きっ♪~悟天&紫音~

ウィーさんのブログウィーさんのブログ

やすくんのありきたりの日常やすくんのありきたりの日常

動物愛護団体エンゼルスのブログ動物愛護団体エンゼルスのブログ

らっちゃんママさんのブログ WANZOO日記らっちゃんママさんのブログ WANZOO日記

掲示板 いろいろカキコしてね。掲示板 いろいろカキコしてね。

筋肉が骨になる難病FOPと闘う いっくんのブログ筋肉が骨になる難病FOPと闘う いっくんのブログ

新・うに まいす な日々新・うに まいす な日々

こも&ちょこDIARYこも&ちょこDIARY

ゆっくり走ろう長い道ゆっくり走ろう長い道

Enjoy!! Golden RetrieverEnjoy!! Golden Retriever

Mercyのトレーニング日記Mercyのトレーニング日記

PetiteJill と まいにち幸せ時間PetiteJill と まいにち幸せ時間

わんラブな日々わんラブな日々

瞳に宇宙を・・・心に愛を♪瞳に宇宙を・・・心に愛を♪

犬族・猫族・大家族犬族・猫族・大家族

バーニーズがやってきたバーニーズがやってきた

真夜中のウオーキング真夜中のウオーキング

わんこでゴー! 『4イタ&ケリー+ナイルの日記』わんこでゴー! 『4イタ&ケリー+ナイルの日記』

GO!GO!ゴールデンレトリーバーGO!GO!ゴールデンレトリーバー

トイプードルのレオンとアンナ闘争記トイプードルのレオンとアンナ闘争記

庭ガールさんのブログ庭ガールさんのブログ

多発性骨髄腫と闘うゴールデンレトリバー嵐の生活日記  &暴れん坊陸ちゃん多発性骨髄腫と闘うゴールデンレトリバー嵐の生活日記  &暴れん坊陸ちゃん

やまちゃんさんのブログやまちゃんさんのブログ

周防の風周防の風

元気な100歳を目指して元気な100歳を目指して

宮崎暁子のブログ ナレーター・声優・司会・MC宮崎暁子のブログ ナレーター・声優・司会・MC

ほしとたんぽぽほしとたんぽぽ

れもんさん 風とともにれもんさん 風とともに

全日本盲導犬使用者の会Webサイト全日本盲導犬使用者の会Webサイト

ともくさんのブログともくさんのブログ

ゴールデンの小吉さんさん♪ゴールデンの小吉さんさん♪

k&n 健康ウォーキングk&n 健康ウォーキング

JEYさんのブログ 是日一日好!JEYさんのブログ 是日一日好!

でこさんの 毎日を楽しもうでこさんの 毎日を楽しもう

kao さんのブログkao さんのブログ

hiroyukiさんのブログhiroyukiさんのブログ

ふくすけさんの100キロウオーク.comふくすけさんの100キロウオーク.com

福山のだんなさんのブログちらうら福山のだんなさんのブログちらうら

泣き虫ウオーカーの100キロ完歩への一歩 泣き虫ウオーカーの100キロ完歩への一歩 

X-day