FC2ブログ

2018.05.22 (Tue)

今年も歩道の雑草刈りを行いました

毎年 この時期となりますと 梅雨に入る前にと 新幹線下の歩道に生えてきた雑草を刈り取ります。

CIMG5038_convert_20180522211834.jpg
雑草を放っておきますと 藪蚊の巣になって困りますし 汚いところに空びん や 空き缶などを捨てられますので とても汚くなります。




CIMG5035_convert_20180522211857.jpg
狭い歩道を疾走する自転車を避けようと 通学の子供たちや お年寄りが 慌てて雑草に足を踏み入れてしまって ガラスで怪我をする危険な道となってしまいます。

また 犬の散歩道となってますので ワンちゃんの うん○をそのままにして帰ったり ガラスの破片で 犬の足を怪我してしまい 梅雨迄には しなければなりません。







CIMG5059_convert_20180522211922.jpg
今年は 有難いことに ご近所のおじさんも手伝って下さり 助かりました。

北側一方通行の歩道です。ごみ袋13袋分ありました。





CIMG5061_convert_20180522213145.jpg
こちらは 南側一方通行です。 ごみ袋で32袋分出ました。こちらは太陽に当たる時間が長いので それだけ雑草の生育がいいのでしょうかね?






CIMG5040_convert_20180522213108.jpg
今年は 掃除をやってましたら 自治会の役員の方が来られまして 自治会で掃除をしようと計画されてるとお話がありました。
自治会で 一斉にやれば もっともっと 綺麗な歩道が続いて 嬉しいですよね。







CIMG5065_convert_20180522213210.jpg
手伝って頂いたご近所の方 ごみ袋を差し入れ下さった奥さん ありがとうござました。








スポンサーサイト
21:47  |  Do It Yourself(DIY)自分でやってみよう  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

237さん こんばんは

毎年の草刈りボランティアご苦労様です。
私など、自宅の樹木の剪定、草取り、狭い庭の畑、そして自宅前の清掃だけで精一杯です。自分の年齢を考えると、10年先はどうなることやら・・・。
ところで、こちらは個人で消費するごみ袋は有料ですが、公園などの清掃に使う(ボランティア袋といいます)ごみ袋は公的施設で無料で提供されますがそちらはいかがなのでしょうか?
ゴミ袋をご近所の方が差し入れた、とありますが・・・。
aki26 |  2018.05.22(火) 22:53 | URL |  【編集】

aki さん こんにちわ

新幹線高架下の歩道の土地は 地主はJRですが 掃除などの管理を任されてますのが 明石市です。

10年ほど前 毎年雑草などの掃除に来られる業者が 高架下のフェンスの中は掃除しますが 歩道とフェンスの間にある 約1Mほどの土地は掃除せずに帰られてましたので JRに問い合わせましたら 国鉄からJRに変わるとき 市への引継ぎでうまく行かず 掃除などの管理が疎かになってしまっていた事が判明しました。

一応 それからは この土地の掃除もされるようになりましたが 掃除も荒っぽいし 毎年来る業者 労働者も変わりますし 雑草も根迄引き抜かず 表面を機械で刈り取って帰られますので 1か月もしますと 元通りの雑草の道となりますので 住んでる住民でしようと思うようになりました。

お陰様で 今回 見ておられた自治会の役員さんの目に留まり 自治会でやって頂ける運びとなったようで とても有難く思っております。

ごみ袋は 個人でも自治会でも スーパーなどで売ってる ビニール袋45Lを買って使っていますが 個人で清掃しても 何もありませんが 自治会など法人が一斉清掃すると ひょっとしたらJRから協賛金が出るとの話も聞きますので 自治会の役員さんに伝えておきました。

ごみ袋 クワ カマ スコップ など 用具にもお金が掛かりますので 協賛金が出て 毎年の恒例化がなされて 綺麗な道になれば 嬉しいですね。


237ですよ。\(^▽^)/ |  2018.05.23(水) 12:31 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除に必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://from237withlove.blog79.fc2.com/tb.php/1180-fbb40110

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |