突発性難聴からの生還
先週7月19日水曜日の朝 起きたところ 音がなんか変 右耳が なんか詰まっているような 綿が中に入ってるような感覚 左耳は 今まで通り よく聞こえましたが 右耳だけにしますと 籠っているというか 声がビリビリ震えていて 何を言ってるのか全然認識出来ませんでした。
yjimage[3]


昔 父親が60代の頃 耳が聞こえないと言って 補聴器を付けていた記憶があります。
ああ~ ついに237も来たか これからは補聴器を付けて なんか老人のようになって行くのかな?って ちょっと落ち込みましたね。


mimi_toppatsuseinancyou[1]
ネットで 難聴の原因と治療について調べましたら 正確には原因は不明との事でしたが 考えられる原因としては ①ストレスや睡眠不足 ②細菌の感染 ③脳内の病気 などだそうですね。

治療については 耳鼻咽喉科で行い 出来るだけ早く行うほうがよいとの事でした。
難聴を認識したら出来るだけ早く 出来れば48時間以内に 遅くとも10日以内に 1か月を経過してからだと 聴力の回復する可能性が極端に落ちると書いてありました。
すぐに治療を開始しても 完治が3割 回復が3割 効果がみられずも3割 だそうで 素早い治療が望まれると書かれてましたので その日のうちに 耳鼻咽喉科に診療に行きました。


SAVE0068[1]
初診の聴力検査では 30デシベル以上 低温から高温迄 右耳の聴こえる範囲が落ちていて ほとんど聴こえない状態でした。



CIMG3036_convert_20170724113309.jpg
5日間飲み薬を 1日3回飲んで 本日24日 再診に行って来ました。
再び 聴力検査を 受けたところ 高音域では まだ若干聴き取れる範囲が下がってますが それ以外の音域では ほぼ許容範囲迄快復してるのが 分かりました。
日常生活でも 左右の聴き取れ方の違いを認識出来ない迄回復しており ホッと致しました。

一時は 補聴器の生活もありうるのかな? なんか 嫌だなって思ったのですが 朝違和感を感じて その日のうちに耳鼻科に走った事が 回復の決め手だったと考えております。
これからも なにか体調に異変が起きた時は 様子見とか そのうち治るだろういう 安易な自己判断をせず すぐに医者に行こうと思っております。





肩の腱板修復手術 リハビリ 高血圧降下剤治療 に続いて 突発性難聴と 次から次とやって来る異変に対して これからも 素早く 堂々と向き合って行きたいと思いました。

span>


  

スポンサーサイト
2017.07.24 | C:4 | T:0

Secret

TrackBackURL
→http://from237withlove.blog79.fc2.com/tb.php/1055-410f2ddc