CIMG2805_convert_20170701121324.jpg
十代の頃 右肩を痛めてしまって 右手でボールを投げることが出来ず 強く投げると 激痛が走ってました。運動以外は 特に不自由とは思わなったのですが 夜間痛くて眠れず朝を迎えたり 熱を持ったりしてました。

もう 10年以上前 急に首筋が痛くなり 横になっても立ってても我慢が出来ない程の痛み PCのキーボードも打てず 車の運転も無理となり 整形外科で 頸椎の骨が垂れてて神経に当り 激痛が走ったり 肩の筋肉の中に出来たカルシュウムが石化して痛むんだと分かりました。

その時は 注射と リハビリを約2ヵ月して 痛くなくなったので 治ったと思って治療も止めてしまいました。





CT画像
CIMG2890_convert_20170701121402.jpg
このたび 10年ぶりに 右肩付け根に痛みが出て来たので 診てもらったところ カルシュウムは骨化してしまってたようで 整形外科で 摘出手術 腱板修復手術をすることとなりました。


なんやら大げさで 難解な手術のようですが 全身麻酔しますので痛みもなく 2週間以内で 退院できそうです。
ただ 術後のリハビリに半年かかるようですので 早く治したいですね。





摘出部分
CIMG2891_convert_20170701121423.jpg
このピンクに色付けされた部分が 骨化したカルシュウムのようですね。
これが 腕を動かしたりすると 神経に当って痛むようで ここを摘出して 腱板の修復をするようです。

手術は基本的に ほとんどリスクもないようですので どうぞご心配なさらぬよう 宜しくお願い致します。

今回の入院手術にあたっては 日頃より掛けてます医療保険手術給付金の請求手続き や 国民健康保険限度額適用認定証を自治体に発行などをしてもらい 最小限の出費を目指したいと思います。


ただ 術後のリハビリもしっかりしないと 長引く恐れがありますので しっかりリハビリをして 早く治したいですね。
わたしは ウオーキング大会などで 大きな完歩ノボリ旗を担いで歩くのを とても楽しみにしております。 この夏から秋に掛けても 歩きたい大会が数多くありますので 頑張って早く担げるようになりたいですね。










スポンサーサイト
2017.07.03 | C:8 | T:0