仏教とかお寺さんとかは今まで あんましお付き合いなかったもんでえ 興味無かったんやけんどお 今回の事でちょっちは興味が湧いて来たのんよ うん。

っでえ お寺の本買ってきて読んどったら結構おもろいのんよね。戒律が厳しくって なんか暗いイメージやったんやけんどお なんか普通のおっさんみたいな感じもすんねん あはっ♪\(^▽^)/ 実際のとこどおなんかいねえ?

昔は十戒とか二百五十戒 三百四十八戒とかあって厳しかったらしいねんけんど 今の日本の仏教界では採用せれとらんと 掃除と勤行と学問の三つを生活徳目と言って修行に励んではるねんて♪

修行僧に課せられた十戒を調べてみたんよ

1)不殺生戒『殺すなかれ。』
  う~ん これ難しいなあ 蚊とかゴキブリなんか いややから殺してまうでっしょ? うん? 豚肉や牛肉食べたら生き物殺した事に間接的にはなるんやろしなあ~ 何食べたらええねん 腹持たんがな あう~

2)不偸盗戒『盗むなかれ。』
  物品を盗むことだけやないなあ 他人の手柄とか名誉とか 現代では著作権なんか考えたら よお理解でけるんかいねえ?

3)不邪淫戒『みだらなことをするなかれ』 
  うっ これなんよ みだらなセックスってえ事か 坊さんも嫁さんおるしなあ 淫行とか浮気なんかの戒めなんかいねえ? まさか真面目な交わりって事ちゃうよね?あんなもん真面目くさってやるもんちゃうしなあ♪ 所詮本能と快楽という人間本来の大事な行いやろお?みだらなシュチゥエーションのほうがええがな あはっ♪\(^▽^)/

4)不妄語戒『嘘いつわりを言うなかれ。』
  これいえてるなあ っでもお嘘も方便ってえ事あるしなあ 死ぬまで嘘を付き通してほしかったあ♪あはっ♪\(^▽^)/って事もあるしなあ どないしたらええねん なんでも程ほどってえ事かいねえ?

5)不古酒戒『酒を飲むなかれ。』
  また あかんがな 酒入ると理性が乏しくなって誘惑に負けたりするってえ事か 酒も適量なら良薬になんのになあ♪ ほんまに坊さん酒駄目なんかいねえ?

6)不説過戒『他人の過失を責めるなかれ。』
  これ大事やと感じるねん ややもすれば己のこと放っといて他人のせいにしてみたり 責任転嫁や愚痴をこぼして自己を正当化し易いもんね 肝に銘じて生きていかなあかん思とる戒めやなあ。うん♪

7)不自讃毀佗戒『自分を誉めて、他人をけなすなかれ。』
  自己過信 うぬぼれ  井の中の蛙大海を知らずってえ事になんねんやろねえ  掲示板やインターネットなんかではよくある現象やねえ 己の正体が他人様から見えへんもんでえ どおしても我侭になったり加虐的になったりしがちやもんなあ 気を付けよお~っと

8)不慳法財戒『他人に施すことを惜しむなかれ。』
これどおいう事かいねえ? 他人の為に努力を惜しまず」ってえ事かいねえ?これも難しいけんどお 頑張らなあかんなあ

9)不瞋恚戒『私憤を発するなかれ。』
  自分の怒りを発しないって事か? 難しいなあ 時にはええのんちゃうのん だんだん難しくなんなあ 聖人君子みたいになってぼくは無理か

10)不謗三宝戒『正しい教えを誹謗するなかれ。』
  なんか ぼくにはでけん事いっぱいありそおやなあ みんなどんなんやろねえ 仏に仕えるおっさんでも なかなかでけん事やと思うねんけんどなあ 

  こんな戒律十もあると ぼくはお寺のおっさんになるのん とっても無理やがな 普通のその辺のおっさんでえ 勘弁してクレロ  あはっ♪\(^▽^)/

スポンサーサイト
2007.01.31 | C:2 | T:0

今年の冬はなんか 暖ったかいですよねえ? みなさんとこはどおですか?
こちらはいっつも暖かくて なんか冬では無いみたいなんですよお なんでかいねえ?
まっ 私は家の中で飼われてるから寒くないねんけんどねえ♪ それでかなあ? 長い冬用の毛が抜けちゃって なんか夏みたいな感じなんですよ。

20070131020021.jpg

うん?何見てんのん

パパが年末から忙しかったでっしょ? あんまし遊んでくれんかったんでえ寂しかったんやけんどお この前パパが『法事で親戚の人がたくさんくるからお前も綺麗にしとかんとあかんしなあ~ってお風呂に入れてくれたんよ 嬉しかったなあ♪
パパとお風呂に入るのん好きやねん♪ 頭の先から足の裏まで一生懸命洗ってくれたから綺麗になったでっしょ うん?

っでもドライヤーで乾かしてけれへんので 部屋の中びちゃびちゃ 風邪引くやんって言ってんけんどお 『タオルで我慢しとけって』
乾くまでに だんだん寒くなってきたがな やっぱし冬用の毛が抜けてもたからかいねえ? 
20070131020209.jpg

あはっ♪風邪引くがな

あっ そおそお 親戚の方が泊まった日は 興奮して吠えてなかなか寝れへんかったもんでえ~パパ仕方が無いからって一緒のお布団に一緒に寝たんよ♪ パパの顔の横に私の顔を付けてくれて添い寝したんよ♪
あはっ♪ こんなんやったらしょっちゅう親戚泊まらんかいねえ♪
2007.01.31 | C:0 | T:0

昨日やっと父の満中陰の法要(四十九日法要)が終わったのよ

葬儀後では なんか一番大きなイベントやったのかなあ
往復はがき買ってきてね親戚のひとに法要の案内を送るのよね。 出来合いや業者に頼んでもよかったんやけんどお PCあるしなあ 背景模様やオリジナルな文面作りたかったもんでえ 自分で作ったのんよ 字体やら大きさやら結構難しいのんよね。一番失敗したのは印刷かなあ?二つ折りのサイズやさかい宛名のとこに案内文が印刷されてもて半分位失敗してもたがな あう~ なんとかでけていかったなあ♪ やればでけるんやあ♪ あはっ♪\(^▽^)/
20070129014353.jpg


っでえ当日なんやけんど 順調にお寺のおっさんがお経を読んでくれて ぼくらも一緒に唱えるのんよ。 なんかいつもよりきょうは長いなあ 足しびれて来たがなあ まだ終わらんのか もおあかん  

やっとのことで無事お参りも済んで いよいよ会食の為チャーターしとったマイクロバス(今回はしっかり往復ですよお♪)に案内せなあかんがなあって立ち上がろおと思ったけんど あかんのよ 全く足の感覚無いのんよ うん。
しゃあ~ないから諦めて膝崩しとったら 頭の上から誰か被さってきよるねん なんよお?どないなっとんねん うん?

あう~ 兄貴が倒れて来とった 兄貴頼むわ 笑いはぼくの専売特許やがなあ~ 
以前ぼくが おっさんの上に倒れてしもて仏壇までもむちゃくちゃになったあの悪夢を思い出してもたがなあ 親戚一同笑とった まっ いっか あはっ♪\(^▽^)/

あっ そおそお 初めて知ったんやけんどお 忌明け法要には【笠餅】をお供えしてみんなで分けるらしいねん♪ 知らなかった。
前日に饅頭屋に頼んどって朝買ってきた搗き立ての餅 丸い餅49個と丸く平べったい大きな御餅なんやけど 平べったい御餅の上にみんなでどない重ねて飾るんよお~って思案しながら飾っとってんけんどお ちゃうねん 重ねた49個の餅の上に笠のよおに大きな平べったい御餅を被せるんやったのよ おっさんに言われてみんな爆笑♪ あはっ♪ お経読まれへんがなあ~♪\(^▽^)/

無事会食も粗相なく終わって この笠餅もみんなで分けて持ってかえってもらうのよね。それがお洒落なんよ 適当に餅分けたらいいのかなあ?って思とったら ちゃあ~~~んと切り方もあんねん うん。
20070129012543.jpg

なんかお遍路さんに よお似とるでっしょ?

 20070131013013.jpg

笠餅の切り方例
みんなでワイワイ言いながら切って 足が悪い人は足を 内臓や肩なんかが悪い人はそれぞれ自分にあったとこを選んでもらうのよね。
最後に残ったのんはあ~頭の部分やった 

最後のんはぼくにくれた♪ うっ

2007.01.29 | C:4 | T:0

出棺にあたり
葬儀に於けるひとつの重要なイベントとして 出棺とそれに至るお棺を花束で埋めてあげますよね。

【それでは故人との最期のお別れとなります。お顔を見れるのはこれが最後となりますので どうぞ花束で一杯にしてあげて下さい】との案内に続き祭壇の花が手渡されます。親族に続き一般の方々と・・・

【良く頑張ったね よく我慢したね。】【ありがとう 近いうちに行くから待っててね。】【よく辛抱したね がんばったよね。】と親類縁者の方からの声が聞こえます。
ぼくも形上 菊の花を枕元に並べてあげたのですが その言葉に辛抱堪らず また棺に駆け寄りました。
【ごめんな ごめんな 勘弁してくれな】声にならず ドライアイスで冷たくなった親父の頬に手をやって 謝っていました。【ごめんな ごめんな】

親父は田舎の農家出身の五男坊 養子縁組で務め上げた60年間 親戚や身内の中でも腰が低く 愚痴をこぼさず いたって物腰の柔らかい人でした。仕事でも敵を作らず周りから慕われてのがわかります。
ぼくは そんなとつとつとした親父に何もしてやれなかった もっともっと優しく 労わってあげてたら・・・ 
そんな悔やまれる感情がこみ上げてきたのでしょう。目から涙がこぼれ落ち親父の頬に落ちていました。

昔から親孝行したい時には親は居ずと申しますよね。悔いは覚悟をしてましたがやはり悔やまれました。

親父に出来なかった優しさ 思い遣り 想いは残された母にその分しっかりとしてやる事が親父への供養かと今になって毎日想いを実行しています。
2007.01.12 | C:4 | T:0

本葬にあたって
皆様わんばんこお♪\(^▽^)/

救急隊 警察 検視医が帰られた後も葬儀屋 お寺 親戚 私の会社など連絡 打ち合わせがびっしりと目まぐるしい時間が過ぎ 一体今何を今打ち合わせし決定しているのか 一瞬頭が真っ白になる時がありました。

葬儀屋の営業がはじめにやって来て お通夜 葬儀等の打ち合わせ。母がそんな状況で長男夫婦が関東の為 一人で判断決定を余儀なくされました。しきたりや風習など判らないまま 葬儀屋担当者にすがり決定して行くしかありません。
後で気が付いたのですが 最近ではCDかなんかで葬儀のシュミレーションをしながらグレードやオプションなどを決めて行くのが常識かと・・・実際はプリントアウトされたマニュアル進行表にしたがっての取り決めの為 全く当日のシュミレーションが出来ず 随分粗相がある葬儀となってしまったようです。

一番困ったのは 葬儀終了後親戚縁者がマイクロバスに乗って市の焼き場に行ったときのことでした。皆で最期の別れをし焼場を後にして葬儀会館でお礼の食事会。遠路お越しに頂いた方々への心ばかしのおもてなしにお酒と食事を出し 骨上げの時間が来ました。
当然また行きのマイクロバスが来るものと待っておりましたが来ません。親戚が騒ぎ出し葬儀屋に尋ねた処骨上げの車は予約されてませんよ。との返事。
骨上げのバスはコースには含まれておらずオプションにて対応 希望が無かったのでタクシーか個人車で行かれるものと判断されたとのことでした。騒ぐ親戚 マニュアル通り対応の葬儀屋の間で右往左往 なんとかタクシーを手配遅れながらも骨上げを済ますこととなりました。

担当営業マンとは最初の落ち合わせだけであり 次の日から精算業務迄次々と担当者が替わり携帯連絡も出来ず 甚だ遺憾な思いが致しました。
誰もはじめは葬儀などの経験が無いため 粗相や間違いがありますが その為に葬儀屋に高額な費用を納めお願いもしており お客の立場に立ったフォロー等を期待してしまいました。
この貴重な経験は私の営業活動に於いても重複するところであり お客様一人一人を大切に その立場に立ってサービスを提供しなければと改めて感じた次第です。

2007.01.11 | C:0 | T:0

父の死に立ち会って
FIEさんユンさん隠れ「冬ソナ」ファンさん そしてブログにお越しいただいた全ての皆様 大変ご心配を掛け 且つご配慮 優しいお気遣い頂きまして 本当に有難う御座いました。

ほんまに あれからはあっという間に 時が過ぎた様で 早いものです。葬儀屋との精算 近隣知人親戚お世話になった方への挨拶 お寺や役所や司法書士などとの打ち合わせなど 毎日が目まぐるしく過ぎ去って故人を悼み偲ぶにはまだまだ先になるのでしょうね。

さて この度の父の永眠にあたり 自分なりに感じたことなどを書いてみようと思いました。
亡くなる前日まで父はアルツで身体の自由もおぼつかなく 夜中に何度も体力的に立ち上がることが出来ず 背中を抱えて立たせてトイレなどに行かせたりしましたが 意識ははっきりしており自分で大好きな水割りを作ったり ぼくが作ったおでんの鍋を覗き込んで好きな具を食べておりましたので まさかあの日に亡くなるなど思ってもおりませんでした。
前日の夜は家族がお風呂に入り終わっても 父はベットでスヤスヤと寝ており皆1時頃には寝てしまったのでしょうか
明け方6時頃 母が慌てた声で私を呼びました。『お父さんが大変!早く下りてきて!』
直ぐ起き上がったぼくは 不安と緊張感がサッっとよぎりました。普段より布団の中は下半身裸で寝てますので 慌ててパジャマを探したのですが見つからず やむを得ず下半身そのままで階段を下り風呂場に走りました。湯船にはお湯に浸かったままの父が座っており 一瞬あかん!っと感じましたが なんとか父を抱え出し仰向けに寝かせました。身体はまだ温い。大丈夫や!うん。自分に言い聞かせながら父の心臓に耳をつけてみました。『ドクドクドクドク』動いとる!まだ生きてる!
人工呼吸をすると空気が肺に入って胸が膨らむのが解る。母に119番するように言って 再び人口呼吸と心臓マッサージを施しながら救急隊をまっとった。間もなくサイレンのけたたましい音が聞こえ家の前で止まった。

救急隊が脈なんかを計ったら 心肺停止状態です。死後硬直もあり もお亡くなられてますが搬送しますか?
あきませんか? ・・・・・わかりました。
そこには意外と冷静に父の死を見詰めるぼくがいました。果たして父や母が亡くなったら どんな心境になるのやろ 冷静にしっかりできるんやろか 取り乱してしまわないかなどと考えておりましたが 意外と冷静で自分に対ししっかりせよと言う別の自分がおり救急隊や警察官とのやり取りをしている自分がおりました。

死亡検視結果
      急性心筋梗塞  母が発見した時はお湯が頭まであって 溺死ではないか 身体の自由が利かずお湯を飲んだり苦しんだのでは無いかと思っておりましたが お湯も飲んでおらず 静かに痛みも無く逝ってくれたようで安心しました。普段なら夜中に一人で風呂に入るわけは無い筈。きっと最期はは身を清めて逝きたかったのかなあ?
父の最期を人工呼吸や心臓マッサージをしてやることが出来て なんかとっても嬉しかったのを覚えております。 
合唱
2007.01.08 | C:4 | T:0