ゴールデンリトリバー犬を譲り受けました。愛犬を通じて楽しい生活や様々な人生のひと時を共有できたら素敵ですよね。I obtained a golden retriever dog by transfer. I am wonderful if I can share a time of pleasant life and the various lives through a pet dog.
大腸がんの精密検査 内視鏡検査を受けて来ました
9月の定期健康診断で 胃がんの再検査では 特に問題はなかったのですが 大腸がんの検査では 鮮血が混ざっていたようで? 再度精密検査が必要だと言われましたので 初めて 受けて参りました。


CIMG3658_convert_20171107220023.jpg
内視鏡検査の前日には 病院で指定された病院食を頂きます。
前日朝は おかゆに たまごスープ  昼は じゃがいものそぼろあんかけ と たまごがゆ  夕食は ビーフシチューに クラッカー5枚
普段の食事量からすると なんとも情けない量であり 味も薄かったですね。






yjimageJM27MDYN.jpg
当日朝9時に病院到着 血圧測定 体温測定などの後 大腸を綺麗にする為 下剤の溶液を飲まされます。 約2000ccを飲み干すのですが バリュームの薄い液体みたいなまずいもので なかなか喉に通りません。
2時間ほどかけて やっと 飲み干します。その間3回ほどトイレに行ったでしょうか? その都度 排便の状態がどうなのか 流す前に看護師さんに見た頂くことになりますので ちょっと恥ずかしいですね。
3回目で やっと 色のない水のような溶液だけとなったのを 確認されて いよいよ 内視鏡検査に向かいました。





yjimage[4]
下着は 病院から与えられた 後が開いたパンツを履きます。
診察台では 点滴に麻酔液を入れて頂き 眠りに落ちた位から 始められたようで 約30~40分で 痛みもなく 無事終了いたしました。
先生から 『はい 終わりました 綺麗かったですよ 以上』って告げられ 終了しました。

今回の 検査費用は15028円でした。

明日 さっそく 医療保険会社に連絡して 給付金の請求をしようと思います。


【病院内イラスト 診察写真は ネットから拾って来たものです】



追記
 保険会社の医療保険給付金は 今回日帰りの1日入院でしたが 入院費5000円×4日分 20000円が支払われると回答頂けました。







スポンサーサイト
2017-11-08 Wed 00:03
別窓 | 救える命/救いたい人たち | コメント:0 | トラックバック:0
高額療養費の支給はぬか喜びでした
先月の10月 市の国民健康保険課管理係から 高額療養費の支払いがあるので 該当する月の医療機関領収書と振込先を記入して 郵送か係まで手続きに来て欲しいとの通知が来ました。

CIMG3565_convert_20171102110212.jpg
通知によりますと 該当月は本年7月 私が整形外科に入院手術した月が高額療養費にあたり 144000円ほどを支払いますので 該当月の 該当診療機関で支払った領収書 振り込み先を記入の上 郵送か市の国民健康保険課迄 手続きをして下さいとなっておりました。





CIMG3570_convert_20171102110352.jpg
私の場合には 事前に入院手術に際しては 国民健康保険限度額適用認定を受けており 整形外科にも提出をしておりました。
また 掛けている医療保険会社からは 入院手術で 80000円の給付金を受け取っておりました。





CIMG3569_convert_20171102110316.jpg

CIMG3567_convert_20171102110245.jpg
医療に関する領収書は 確定申告での税金の確定でも必要ですので きっちりファイルしており 提出出来るようにしてましたので 早速揃えて 市役所に提出してきました。(領収書はチェックの上 直ぐに返して下さいました)

該当月7月の整形外科への支払いは 入院手術費63380円 リハビリ1回1340円×3回分 他診断書料金5400円 薬代などで 84500円ほどの領収書を提出いたしました。



7月の整形外科への支払いは 総額84500円 保険会社から入院手術給付金80000円 更には国民健康保険課から144000円支払いがあり 139500円も得する事となりますので 管理課で本当に144000円支払われるのか確認しました処 間違いなく11月には振り込まれるとの事で 喜んで帰って来ました。




CIMG2939_convert_20170712211941[1]
あの痛い手術後の痛み リハビリを頑張ってきた ご褒美かな?と 思ってもみなかった給付金に喜んで お金が入ったら 久しぶりにお寿司屋さんにでも行ってこようかと考えておりました。



ところが 昨日 市役所から電話があって 実は あの支払い通知は間違いで 整形外科が私の7月の支払いが二十数万あったと申告されてたが 私は国民健康保険限度額適用になっているので 整形外科が間違って報告していたようです。

病気になって手術して お金が儲かるって 不思議な制度だな? こんな医療費の支払い方をしてると 国の制度はパンクするのでは?って 頭からは信用してなかったのですが やっぱり 虫のいい話だったようですね? あはっ




2017-11-02 Thu 11:53
別窓 | 救える命/救いたい人たち | コメント:2 | トラックバック:0
胃カメラによる再検査を受けて来ました
9月26日の定期健康診断で 胃と大腸がんの再検査を言われましたので まず 内視鏡による胃の検査を受けて来ました。

閭・き繝。繝ゥ-600x400[1]_convert_20171017200443
前日夜より絶食後 朝9時に病院に着きます。
①点滴による感染症防止や2~3の点滴を受けます。
②237は鼻からのカメラ挿入を希望して 麻酔で眠ってる間に終わる方法を希望しましたので 鼻の中に2度ほど麻酔液をたらされます。
③細いカメラのケーブルが鼻を通るか入れられます。(これ ちょっと痛かったですね)
④先生が部屋に入って来られてから 点滴に麻酔が導入されます。

そして

⑤目が覚めたら 知らぬ間に終わってました。

(胃の内視鏡検査写真はネットから拾ってきています)



CIMG3528_convert_20171017200348.jpg
結果 
①ポリープは散見されません。
②ピロロ菌もいませんでした。
③胃の腫瘍も見付かりませんでした。
④胃の食道に近い部分が赤くなっていて 逆流性食道炎(逆流性食道炎の原因には、食べすぎ、喫煙、飲酒、ストレス、便秘・妊娠・肥満などによる腹部の圧迫、 食後直ぐの運動、食道下部括約筋の機能低下などがあります。 症状には、胸焼け、嘔吐、胃酸の逆流、げっぷ、食道の痛み。喉の不快感などがあります。)との診断でしたので 飲み薬を処方して頂きました。

費用は 胃カメラによる医療行為で5670円 薬代が1880円 合計7550円掛かってしまいました。
まだ 今度は 大腸がんの内視鏡検査が残ってますが 暴飲暴食や深酒をしないよう気を付けて 無事 検査を終了したいですね。




2017-10-17 Tue 20:36
別窓 | 救える命/救いたい人たち | コメント:0 | トラックバック:0
今年の定期健康診断の結果が出ました
毎年9月が わたくしの定期健康診断ですが9月26日に行った診断結果が出ました。


CIMG3523_convert_20171014180006.jpg
今年は 7月6日 右肩腱板修復手術で整形外科に入院しました。
入院を前にして 6月に行った血液検査では 中性脂肪が307mg/dl(基準40~149mg/dl) かつて経験したことのない数値をたたき出し 血圧も150~180mmhgとなり びっくりしてしまいました。
また 突然の突発性難聴も経験するに至り 9月の定期健康診断を3か月先に控え 待ったなしの 更なる食生活の改善を余儀なくされました。



整形外科を退院してからの朝食は 毎朝おかゆさん1杯 麩の味噌汁1杯 お代りなし 夕食は魚 野菜中心のご飯なしの軽い食事 夜8時以降は水分補給以外食べない事を守り 9月の健康診断に臨みました。





CIMG3520_convert_20171014175940.jpg
結果が 出ました。

① 胴回りはメタボ基準85センチを僅か5ミリ届きませんでしたが ここ5年で一番 減らすことが出来ました。メタボ基準値を下回るのは 来年の楽しみにしておきましょう。

② 中性脂肪は 6月の307mg/dlから 大幅に減らすことが出来て 143mg/dl(基準値内A判定)を獲得できました。

③ 気になる尿酸値は7.7mg/dl(基準値3.6~7.0)を超えてしまい 痛風に要注意となってしまいました。

全体的に見て 3か月前とは見違えるような数値迄 持っていくことが出来て満足です。
保健指導レベルも 2013年動機付け支援 ➡ 2014年積極的支援 ➡ 2015年積極的支援 ➡ 2016年積極的支援 ➡ 2017年 情報提供 と 今までで一番 安心判定を頂くことが出来ました。


ただ 胃の再検査と 大腸がんの再検査を言われてしまいましたので 後日 胃カメラ と 大腸カメラの検査を受けに行く予定です。


来年の健康診断では 更にいい数値を目指し 食事と適度な運動と睡眠をしっかり摂って 健康寿命を延ばすよう努力をして行きたいですね。













2017-10-14 Sat 18:54
別窓 | 救える命/救いたい人たち | コメント:0 | トラックバック:0
がんばろう 全員完治!
CIMG2939_convert_20170712211941[1]
7月の右肩腱板修復手術後も 週2~3回病院でリハビリを受けていますが まだまだ 痛みは軽減されず また 完治迄には まだ時間がかかりそうです。
場合によれば 今年いっぱい掛かるのかな?って覚悟しております。






yjimage[3]yjimage[4]
病院のリハビリ室では 数多くの患者さんと理学療法士さんが 日々 病気の治療に懸命に取り組んでいます。





現在 私が通う病院には約15名の理学療法士の方々がおられて 担当患者に合わせてリハビリ治療にあたっておられますが 中には237と同じように 【イタ タ タ ターーー】【痛いー】『【う~~~ん】って唸りながらも 懸命に頑張っておられる方も多く お互い早く治りたいなって思ってしまいますね。








DSC_0151_convert_20170927143457.jpg
病人が 一日も早く病気を克服し 完治するには 先生や看護師 理学療法士だけが頑張っても駄目でしょうし 患者だけが焦ってても駄目で 患者と医療機関が相互に協力して 一致した目標と達成意欲がうまく嚙み合ってこそが完治の早道ですね。

そこで 痛いリハビリを少しでも楽しく 療法士を信頼し 心の絆を大切にしようと 全員完治リボンを作ってお渡ししたところ 多くの療法士さんや 看護師さんが リボンを着けて頂けることになりました。





DSC_0149_convert_20170927103809.jpg
リハビリの時間は特に 病気と向き合う患者と治そうとする療法士との合作治療となりますので 全員完治リボンが少しでも 役立つものとなれば  とても嬉しいですね。











2017-09-27 Wed 15:09
別窓 | 救える命/救いたい人たち | コメント:0 | トラックバック:0
Osaka Great Santa Run 2017に申し込みました
昨年は 室戸貫歩90キロと重なってしまったので 参加できなかった チャリティーイベント 今年は日程的に 行けそうですので エントリーしました。


難病と闘う子供たち クリスマスなのに 自宅に帰れず病院で過ごすことになった子供たちに 素敵なプレゼントを贈ろうと 毎年大阪城公園に一万数千人のサンタさんたちが集まり 5キロを走ったり歩いたりする 世界一の大会です。


CIMG7138_convert_20141115134302[1]
ピースくんも がんばります。


CIMG6609_convert_20141115134230[1]
くぅちゃんも 駆け付けます。




CIMG7154_convert_20141115134333[1]
IPS細胞を使った難病の治験が この秋から 続々と始まるようですね。一日も早い 創薬が出来ますよう そして 子供たちが一日も早く退院出来ますよう 願っています。














2017-09-14 Thu 17:26
別窓 | 救える命/救いたい人たち | コメント:0 | トラックバック:0
健康診断に向けての体重管理
今年も定期健康診断9月26日と あと3週間に迫ってきました。
いつも通り 健康には気を付けて生活してきた積りでしたが 肩の関節に石灰が溜まり 鍵盤修復手術を受けたり 高血圧を指摘されて 血圧降下剤を飲んだり また ある日突然 突発性難聴に襲われたりして 改めて 努力をしなければならないと認識しています。



CIMG3208_convert_20170907220814.jpg
今年は 7月鍵盤修復手術で 整形外科に入院しましたが 血液検査では中性脂肪(標準40~149)で307mg/dl コルステロール(標準4.6~6.2)で6.2%となり 来たる健康診断に向けて 更なる食事制限 健康に向けて努力しなければなりません。





CIMG3205_convert_20170907220106.jpg
8月1か月分の体重管理表です。
月初め65.5キロほどありましたが ご飯は お粥さんにして 御代りはせず 味噌汁も 麩の味噌汁を堅持した結果 月末31日には 1年ぶりとなる 体重63.5キロまで 落とすことが出来ました。
医者からは 59キロを目指して下さいと言われてますので 目標は あと4キロありますが 3週間後の健康診断迄には 62キロ台まで 落としたいですね。








CIMG3202_convert_20170907220131.jpg
肥満の目安となるBMI(体重÷身長÷身長)25ラインがありますが 目標は22に置いています。
月末の健康診断迄には 少なくとも23.0になるよう 目指しています。




毎年健康診断では 積極的支援の評価を受けてますが 是非 このような評価を受けなくてもいいように あと3週間頑張りたいですね。



2017-09-07 Thu 22:39
別窓 | 救える命/救いたい人たち | コメント:0 | トラックバック:0
血圧測定値の比較 検証
ここ10年程健康診断でお世話になっている総合病院での血圧測定では いづれも正常値範囲で指摘されたことが なかったのですが 本年7月右肩腱板修復手術で入院手術した整形外科では 上が160~200mHgを記録し 先生から高血圧だからと血圧降下剤を飲んでいます。
お陰様で 2か月近くとなって 正常値に落ちてきています。

ただ 総合病院で指摘を受けなかった血圧値が 急に別の病院の測定では 高血圧と指摘されて 戸惑ってしまいました。血圧降下剤を飲まないと 車いす生活の危険もあると言われて とてもショックでした。

そこで なぜ 病院によって数十mHgも計測値に違いが出るのか 検証してみました。

yjimageAM1MCN17.jpg
血圧測定器には 腕を布のようなもので巻いて 空気圧を掛けて計る測定器と 腕を機械に入れて計る機器がありますよね。.
腕に巻くか上腕部で計るかによって違いが出たりするようですが おおむね 腕を差し込んで図る機器のほうが 5~10mHg高くなるとのデータもあるようですね。


また 家庭で計るより病院で計るほうが5mHgから10mHgほど高くなる白衣高血圧現象(緊張)があるようですね。




yjimageQZSZI44A.jpg
わたしの場合は どちらの病院もメーカーの違いはありましたが 腕を差し込んで計る測定器でした。







CIMG3197_convert_20170906135704.jpg
約2周間14日間 出来るだけ同じ時間帯 同じシチュエーションで計るようにしてみました。


結果 一番上のオレンジ色のグラフが 整形外科の測定器で出た数値です。
    二番目の青色のグラフが 総合病院での数値です。
         次第に差がなくなってきていますが 当初は30mHg~70mHg以上の差が出ていました。

     下の2本の折れ線グラフは拡張期血圧 で病院での差は ほとんど出ませんでした。


これは 病院で置かれてる機器でも 相当違いが出て 片方の病院で10年間正常でも もう片方の病院では高血圧と診断されることが分かりました。
これからも いわゆるセカンドオピニオンの大切さを言われているご時世ですが 1つの病院で正常と診断されても 安心せず 違う病院では病気と診断されることがあると 理解していきたいと思いました。





2017-09-06 Wed 12:32
別窓 | 救える命/救いたい人たち | コメント:0 | トラックバック:0
難病支援自販機(いっくん応援自販機) 寄付金額の報告 2017年前半分
先日 ニュースでいよいよIPS細胞を使った難病のFOP治験が9月から始まるという 画期的な医療のニュースが流れましたが IPS細胞による研究に寄与しようという 難病支援自販機(いっくん応援自販機)の上半期寄付金の報告書が送られてきました。


CIMG3065_convert_20170810183551.jpg
2017年1月から6月末迄で3094円となっているのが分かりました。
237の駐車場に設置された応援自販機の半年の販売本数は1547本 237の支援金は1547円 自販機業者による寄付金も1547円となりました。




CIMG3067_convert_20170810183617.jpg
難病のFOPと闘う山本育海くんの お母様よりの丁寧なお手紙も入ってました。
治験は始まったばかりであり まだまだ創薬が出来るには長い道のりであり 新たに出来る骨を抑えるものであり まだまだ根本的な治療とまでは行きませんので 末永く見守りたいですね。






CIMG3069_convert_20170810183640.jpg
わたしたちも いつ難病を発症するか分かりません。
癌であったり 脳梗塞 心臓病 アルツハイマー病 ALS etc まだまだ 人類は 病と闘わなければなりません。自販機による支援が このようなIPS細胞を使った治療に少しでも役立てば 心より嬉しく思います。

もし 皆様の中で 敷地内に難病支援機を置けるスペースがありましたら 是非 検討して頂きたいと思っております。
詳しくは いっくん応援ブログの自販機ページ を参照ください。









2017-08-10 Thu 19:38
別窓 | 救える命/救いたい人たち | コメント:0 | トラックバック:0
難病のFOP IPS細胞を使って治験開始 世界初!
筋肉が骨に変化してしまう難病FOPを知ったのが もう7年ぐらい前だったでしょうか
当時 難病を発症し 必死で闘ってた 12歳の山本育海くんを 喫茶店明日香で知り 居た堪れなくなった事を覚えています。

第2回難病FOPチャリティーコンサートに参加し 自分の家でも寄付金集めの焼き芋大会をし 難病支援自販機(いっくん応援自販機)を設置し ほんの少しですが 世の中から難病がなくなりますよう FOPの創薬が出来ますよう願っていました。

実は こんなに早く IPS細胞を使った治験が始まるとは 全く思っておらず 先日のニュース速報では 思わずテレビの前で立ち上がって 万歳拍手してしまいました。

まだまだ 治験と言っても研究段階である事には変わりませんので 一喜一憂せず 医学の進歩に 期待して見守って行きたいですね。

そして 様々な難病で苦しみ 人知れず泣き明かし 不安な日々を送られている 全ての患者や ご家族の皆様が 一日も早く 喜びの 涙を流される日が訪れますよう 心より 願っております。















(リンク許可を取得していませんので もし動画の著作権者より指摘があればその時は  削除いたします。) 

2017-08-04 Fri 15:15
別窓 | 救える命/救いたい人たち | コメント:2 | トラックバック:0
| 愛犬チュンコ▼(^(エ)^)▼と一緒に♪ | NEXT